entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/07/15 (金) 01:30

インドの動物

オーナーのおばあちゃん犬



デリーで見る犬には大きく分けて2種類あります。
一つはいわゆる野良犬、首輪なしで道路、歩道、市場、様々なところに当たり前のようにいます。
純血種と思われるような犬は皆無で、色は茶色だったり、白にブチがあったり、黒だったりと多種多様です。

小走りでうろうろしたり、何匹かでじゃれあったり、自由な暮らしをしている様子に、インドに来た当初、日本のペットの犬とは異質なものを感じ、これが本来の犬の姿に近いのかも、と思ったものでした。

人間に飼われたり、毎日えさをもらったりしているわけではないので、人になつく事も、こびる事も、危害を加えられない限り、向かってくる事もなさそうです。
人間と互いに干渉しあうことなく、共存しているように見えます。

車や牛や人が行きかう中での暮らし、分をわきまえている、と言った感じでしょうか。

インドの犬は全部そういう犬なのかなあ、と思い始めた頃、リードに繋がれた、純血種の犬を目にしました。

これがもう一種類のインドの犬、ペットとして飼われている犬です。
貧富の差のとても大きいインド、裕福な人たちも沢山います。
彼らの中には日本や欧米と同じように、ラブラドール・レトリーバー、シェパード、ダルメシアンなどを大事に家の中や、敷地内で飼っている人もいるようです。
朝や夕方、そういう犬達の散歩姿を見かけることがあります。
散歩させているのはたいてい、使用人と思しき人です。
首輪とリードをつけ、肌寒かった1~2月はなぜか、どの犬もお約束のように、タータンチェックの胴衣のようなウェアをまとっていました。

上の写真は我が家のオーナーが飼っている「おばあちゃん犬」です。
彼女はご覧の通り、純血種ではなく、おなかの皮も相当たるんで、首輪がなければ、道にいる野良犬と同じような風貌です。
これは庭に放し飼いにされているのですが、もう一匹白にベージュのブチの、やはり雑種のオスを家の中で飼っています。

オーナー夫妻は犬は純血、とこだわっていないのでしょう。
私の見たところ、これは富裕層には珍しいことのようです。

インドにはまだまだ狂犬病が多く、犬に限らず街にいる動物達は感染している危険性があり、触らない方が賢明、と言うところです。
オーナーのおばあちゃん犬、野良犬のような風貌からか、我が家に来る、知人や、子供の友達に
「狂犬病にかかってない?」と恐れられています。

オーナー夫妻は2,3階に住み、私達一家は1階を借りているのですが、おばあちゃん犬は我が家の玄関前に陣取っている事もしばしばです。
つい最近新しく雇ったチョキダール(門番)はウチの犬と勘違いして、「マダム、この犬は外で飼われているのですか? それとも中ですか?」
と質問して来ました。


おばあちゃん犬


雨が激しかった先日などは、毛色と全く同じ色の我が家前の玄関マットにうずくまっていたので、夜ドアをあけて、外を確認した私は玄関マットが盛り上がっているのかと思い、踏みそうになったほどでした。
直前に気づいて、踏まなかったのは幸いでした。

日常的に街でよく見る動物は、牛と犬ですが、そのほかにもいろいろな動物を見かけます。

猿やリスは野生、野鳥も名前も知らず、聞いた事もないような鳴き声のものが、沢山います。
バード・ウォッチングが趣味、と言う方には、魅力的なところかもしれませんね。

あとは、荷物運びに使われているロバ、インド版リヤカーを引いている馬、婚礼の時に花婿が乗る白馬(!)、貧困層の人が飼っているらしい豚も見かけます。
象やラクダは特殊なもののようですが、たまに道を歩いています。

日本と比べてはるかに少ないのが猫です。
野良猫は犬に比べると圧倒的に少ないですし、猫の鳴き声も殆ど耳にしません。

が、インドに来て2ヶ月後、船便の梱包を解いて、箱を外に出して置いたところ、その中で、野良猫が仔猫を4匹生んでしまいました。

子猫



メイドが報告に来て、見に行ってみると、本当に生まれたての仔猫です。母猫はどこかへ行ってしまったというので、さてどうしましょうということになりました。
敷地はオーナー夫妻のものなので、チョキダール(門番)にオーナーの奥様を呼んで来てもらったのですが、1階に住んでいる人が庭での出来事の権利と責任を負うのだとか、で「私」にきめるように、というのです。

ここに猫がいつくのが嫌なら、使用人に捨ててくるように指示を出して、ということなのですが、「捨ててきて」とはなかなか言えず・・・。
「よそへ捨てたら、生き延びられるのでしょうか?」などと、質問してしまいました。
奥様は、野良猫なんて汚くて、見るのも触るのも嫌という感じで、覗き込んだウチの子供にも「ダメ、ダメ、さわっちゃダメよ~。汚いんだから!!」と必死に言ってくださいました。
が、「とにかく、あなたのお好きなようにね。」と言い残して、家に入ってしまわれました。

私はというと、夫のドライバーや、メイド、門番など、いろいろな人に「ねえ、どうしたらいいと思う?」と聞いたものの、結局暫く様子を見ましょう、運がよければ、仔猫が少し大きくなったら、どこかへ行くでしょうということになりました。

数日後、メイドが、「マダム、母猫が仔猫を一匹ずつつれて塀を乗り越えて行きましたよ」と嬉しそうに報告して来たので、
「いよいよ引越しね!」と喜んでいたところ、
次の日にはまた一匹ずつ連れて戻ってきてしまいました。

困ったわねえといいながらも、仕方ないか、と諦めかけていたころ、何を思ったのか、「おばあちゃん犬」が、箱を外から執拗にがりがりと前足で引っかいて、猫達が大パニックになりました。
私達も仔猫が犬に襲われるところを想像してぞっとし、箱をそうっと犬の届かない場所へ移したのですが、さすがにここは危険、とばかり、親子は引っ越していきました。

その後、たまにあの時の母猫のような三毛猫がウチの庭を通り抜けていくのを見かけるのですが、仔猫の姿は見ていません。
無事に大きくなっているのか、何か災難が降りかかってしまったのかは不明です。












スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

インド

インドつながりでTBさせていただきました。

精神世界の本場が合う人と合わない人がいるのでしょうけれど。

息災をいのります。

海外で殺生はしたくありませんからね。でも、「1回の居住者が庭の出来事への権利と責任」とは、見事なロジックですね。今度、「権利」を行使させてもらってください。

権利と責任

moto さま

そうでしょう!?
でもその論理で、庭の手入れをする庭師も私達1階の住人が雇って、お給料を払っているのですよ~。
最初はオーナーの敷地なのに何で?と思ったものですが、当地ではそうなっているようであります・・・。

権利を行使した事って今までに何かあったかなあ・・・。

庭にレモンやざくろの木があって、実がなっているので、今度もいで頂く事にします。

大きなマンゴーの木もあり、こちらもなっていて、こんな高い木、どうやってもぐのかしら?と思っていたところ、熟れる前に鳥たちに食べられ、落下したものは車の屋根をへこませました。
たかだか7~8センチの実なのに、重力加速度ってすごいんですねえ。
とただただ感心してました。

湖南さま

ありがとうございます。
今のところ無事に生きております。

インドには8億もの神様がいて、真面目に暮らしていれば、きっと手を差し伸べてくださる、というお話を昨日伺いました。

犬情報嬉しかったです。
猫は,どこでも、自立型なのですね。

でも、おばあちゃん犬は,どう考えても,
そのオーナーの敷地内では、一番の実力者の貫禄ですね。

ながちょん さま

ここのところ雨季の中休みで、30℃台後半に気温が上がってきたせいか、おばあちゃん犬、バテ気味です。
だいじょうぶかなあ・・・
まだまだ長い夏が越せるかしら、と心配ですが、肝心の飼い主様(ウチのオーナー)は全く気にも止めていない様子です。
ありのままを受け入れる、という境地なのかしら?

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/9-6835699e

entry_header

この記事に対するトラックバック

信仰者の3段階

19世紀インドの聖者ラーマクリシュナの言う、信仰者の三段階は、以下のようなものである。インドの精神的なものに価値があることを認めている風土においても、信仰のあり方の階層分化は日本とあまり変わらない。1.低級の信仰者「神は在す。あちらの方に、大空の彼方に、

  • アヴァンギャルド精神世界
  • * 2005/07/15 05:54
entry_header

この記事に対するトラックバック

With you

ブーと散歩に行ってきた(最近豚の正式な名前の表記が「ぶぅ」ということに気づいた)。せちがらい世の中ですよ。ええ、変な話。って言うのはね、コンクリートジャングルとは良く言ったもので、硬いし暑いのよ、豚にとっちゃさ。我慢ならんから地面のコンクリ掘り返し

  • 大日魂のGood-Night.blog
  • * 2005/07/21 17:33

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

05 * 2017/06 * 07

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。