entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/11/07 (月) 04:12

ムンバイ市内観光 IV ~ プリンスオブウェールズ博物館

Prince of Wales Museum


ガイドブックの、「デリーの国立博物館、コルカタのインド博物館と並ぶインド屈指の博物館」、という紹介文に引かれて訪れました。
デリーの国立博物館の方は、以前に訪れたことがあり、これと並び称されるのだから、さぞ、という期待とともに。

1905年の英国皇太子訪印に合わせて建てられた、インド・サラセン様式の建築、とも書かれています。当時の英国皇太子ってどなただったのでしょう?

チケット


インドでは、入場料金などが「インド人価格」と「外国人価格」の2本立てで設定されている事がよくあるようです。
ここもその一つでした。

インド人  10ルピー
外国人  300ルピー(日本語の説明オーディオガイド料金込み)

と、ものすごい差。(1ルピー=約2.5円)
先進国の博物館、美術館の入場料が750円というのは、妥当か安め、という水準だと思いますが、インドは一日1USドル以下で暮らしている人々がまだまだ多いというレベル。入場料に差をつけて、財政収入を増やし少しでも国を豊かに、ということなのでしょうか?

普通なら私たちは300ルピーを払うところなのですが、上の「住民登録証」を提示すれば、「インド人」扱いにしてもらえます。
というわけで10ルピー支払って、チケットを購入。(子供は2ルピーでした。)

チケットを入り口で提示すると、係りのおじさん、
「インド人ですか?」と。
この質問をされたのは、インドに来て初めてです。ネパール人やブータン人など、アジア系の顔立ちでインド人の雰囲気を持つ人はいるにはいますが・・・。
こういう場面では、「在印外国人」とすぐにわかってもらえたことしかなかったので、何かおかしかったです。
「インド在住の外国人です。」と改めて「住民登録証」を提示し、入れてもらいました。

入場の為のセキュリティーチェックは意外にも結構ちゃんとしていて、バッグの中のチェック、ペットボトルの持ち込み不可、X線検査、と空港並み?と思う程。

Hall


ホールから見上げると。

Camera Pass


カメラの持ち込みにも料金がかかります。
フラッシュ使用不可で、カメラ30ルピー、ビデオ200ルピー。
カメラにタッグを取り付けてもらいます。

実は、カメラの持ち込みに料金がかかるだろう事はうすうす知ってはいたものの、どこで支払うかわからない間に、館内に入ってしまっていました。
これまで訪れた所ではセキュリティー・チェックで、「カメラ持ち込みますか?」と聞かれる事が多かったので。と言い訳・・・。
いざカメラを構えたところで、係りのお兄さんが飛んできて、「カメラ・パスは?」と。
「ちゃんと見てるんだ~」と、びっくり。
支払い場所は売店、と教えてもらいました。

翡翠細工


翡翠に宝石が埋め込まれた見事なもの。
ムンバイに本拠地のある財閥TATA(タタ)の総帥、ラタン・タタ氏のコレクションもここにかなり納められているそう。

Vishunu神


ヒンズー教のヴィシュヌ神。

Ganesha神


こちらはガネーシャ神。

象牙細工


象牙細工


象牙細工も見事です。

象牙細工


なぜか、このようなものも。
日本の老人(ちょんまげ姿)と幼子たち。

細密画


この博物館はミニアチュール(細密画)のコレクションで有名なのだそうです。
ヒンズー教とイスラム教のものがあるそうで、いくつもの学派があるとのことですが、西よりに充実しているようで、ペルシャ(現イラン)の方から伝えられたものなのかな、と想像しました。

細密画コレクションを見ている間に、蒸し暑さでとうとうギブ・アップ。
そう、この博物館はエアコンなし。天井のファンが回るのみなのでした。
モンスーンの時期(6~9月頃)に訪れるにはそれなりの覚悟が必要と思われます。

Prince of Wales Museum of Western India
159-161 Mahatma Gandhi Rd.,
Munbai
Tel. 2284-4519
月曜休館 10:15~17:15
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

お久しぶりです。

ボンベイならわかりました。言い方がかわることってあるのですね。勉強しました。
今日本では正倉院展が大盛況です。
歴史を感じる思いはどこも同じなのですね。
お風呂ものんびりされて良かったですね。お顔は存じませんが、「ふ~っ」という場面が想像できました。

私も行きました。

私が行った時はまだボンベイでしたけど。私もタージマハールホテルの前で写真撮りました!でも残念ながら泊まったのはエアインディアのしょぼいホテル・・。ムンバイはケニアへのトランジットだったので、1日半しかいなかったので、ほとんど観光はできず、ビーチへ行ってました。観光用の馬とかいたような覚えが。こんなに立派な博物館があったのですね!

chai さま

正倉院展見てみたいです。
年齢とともに、古いものにより興味がわいてきたみたいです・・・。
お風呂は本当に気持ちよかったです。
日本から持ってきている入浴剤(温泉のもと)を持参して、「ふ~~っ」と浸かりました。ご想像の通りです(笑)。


かみやん さま

ケニア行って見たいのですよね~。
キリマンジャロとか、サバンナとか、体験してみたいです。

観光用の馬車、ホテルの前に沢山いました。そのせいか、玄関を出ると、「馬糞」のような臭いが漂っている事があって、げんなりしましたけど・・・。

>インド人ですか?、と聞かれたのはびっくりですね。
もしかしてpatjalさんもインドになじんできたのでは(笑)?

博物館、建物もなんだかおしゃれですね。
展示品も細かい細工がしてあっていいですね。

ぽんち さま

そ、そうかもしれませんね。
あと何年かインドにいたら一体どうなるのでしょう・・・?(笑)

博物館は結構見ごたえありましたね。
他にインダス文明に関する展示もありました。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/89-6eb29d1a

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。