entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/10/05 (水) 22:47

O.K. と ティー・ケー ~インドの言語

インドに来た当初、夫が、インド人は 「O.K.」をヒンディー語で「ティー・ケー」っていうんだよね、と首をかしげていました。
確かに、英語でO.K.と言ってもいるし、「ティー・ケー」とも言っています。

後にヒンディー語を習い始めたところ、ティー・ケーは英語のO.K.から来たものではなく、ヒンディー語の「ティーク・ハェ」が「ティー・ケー」と聞こえただけとわかり・・・。
よくよく聞くと、「ティー・ケー」ではなく、「ティーケ」と聞こえます。

ちなみに否定形は「ティーク・ナヒーン・ハェ」。このくらいなら、私にも何とか・・・。

英語のO.K.も使われますが、どうやら「ティーケ」にひきずられているようで、「オウケ」と「O]にアクセントが。

「ティーケ」の時の仕草がまたインド独特で、首を縦に振るのではなく、斜め前に傾けて、素早く戻すというもの。
慣れないと首の筋でも違えそうでしょ?

女の人は勿論、男性もこの「かわいらしい」仕草。
O.K.やティーケなどの言葉はなく仕草だけのことも。

しばらくは慣れなくて、お店で支払いの際、渡したお金を確認したおじさんのこの仕草に、固まったことも一度や二度じゃありません。
「足りないの?もしかして、聞き間違い?いやでも確かに、62って言った筈・・・」と頭の中を駆け巡ってしまうのでした。

こちらの人は彫りの深い顔立ちなので、真顔で「斜め前こっくり」をされると、私違ってました?あるいは、何か不満でも・・・?と不安になったものでした。

リヤカー引き売りの野菜屋さんなどでは、
「ジャガイモ下さい。」
「1キロ? 2キロ?」と聞かれ、
そうね~、と首を傾げて考えていると、「ティーケ」の仕草と間違えられて、
「はい、2キロね~」と、手早く袋に詰めるおじさん。
完璧におじさんの勝ち(?)
その度に「あ~またやっちゃった・・・」と思ったものです。

これが、金塊だったら、あわてて、
「ちょっと待って~2キロもいらないわ~」と止めるところですが、ジャガイモだしね、まあいっか~。となるのでした。
(私が金塊をキロ単位で買うなんて事、ありえないとは思いますが)

最近でこそ慣れてきましたが、新たな問題・・・
英語のネイティブ・スピーカーとは程遠い私、O.K.と(アメリカ式に)軽快に言っているつもりが、オウケと、ヒンディー語ぽくなってきてしまったのです・・・

インド在住2年の日本人マダムによると、そのうち無意識にインド人式「斜め前こっくり」するようになるから・・・とのこと。

オウケにその仕草じゃ、立派なインド人かも。


インドで話される言語は数百もあるそうです。
紙幣の裏に記された公用語は15。
ヒンディー語は2億6千万もの人が使っているとのことですが、インドの「国語」ではありません。
それぞれの州の言語は文字や発音などが違い、日本の方言などとはちょっと違ったレベル。

異なる言語を持つ人同士での意思の疎通には「英語」が使われることが多いそう。
英語は「準公用語」扱い。
街の看板や表示は英語のものが多く、新聞やTVも英語版があるため、外国人でも英語がある程度わかれば、あまり不便を感じずに済みます。

インドでビジネス・チャンスを得て、安定した暮らしをする為には必要不可欠、と、英語の教育熱は高いようです。
ヒンディー語の発音とイントネーションの特徴が残ったままの英語を話す人は勿論多く、未だに私などは何度も聞き返してしまうことも・・・。
ヒンディー語訛りのない、アメリカナイズされた発音を身につけることに躍起になるあまり、母語の習得がおろそかにされるという懸念もあるそう。

一説によれば、米国の医師国家試験の合格者のうち30%はインド人なのだとか。
確かに、英語がこれだけ国中に溢れていれば、英語圏への留学にも有利でしょうね。


家の前


今朝の家の前。
たまにこのような「牛柄」の牛もいます。
よくよく見ると、日本でもおなじみ乳牛のホルスタインとは種類が違うよう。
いわゆるインド牛(しろくて、首の後ろにコブがある、コブ牛)と、黒い牛との混血牛?なのでしょうかね。

スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

斜め前ですか

所さんの日本語学校の旅っていうので、スリランカに行ったとき、
「Yes」の意味が、確か首を振ってました(いいえ、って言うときに振りますよね)。
インドは斜め前なのねーと思いました(・o・)

ティーケーって聞くとOKが訛ったもの?って考えちゃうんですが、違うんですね。
『オウケ』、文字で書くの発音微妙に違いそうなんで、ちょっと聞いてみたいですね^^。

ぽんち さま

インドでも横に振るのは(日本では否定の)、Yesの意味になる、と聞いた事がありますが、私の周りにはNoの時は縦にも横にも振らない人が多いです。
ウチのメイド(ダージリン出身)はNoの時、横に首を振ります。
ちなみに彼女の母語はすぐお隣の「ネパール語」。

インドって広いし、言語も沢山あるので、Yesで横に振る所もあるのかも。

この辺は皆、「ティーケ」「オウケ」で、首を斜め前に素早く振ります。

私はまだ身についてませんが、つけたいか、っていうと・・・どうかな?
通じるところがインド以外なさそうですよね。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/65-c2f3e62b

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。