entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/09/30 (金) 14:22

デリーの水事情

先週ADSLに替えたばかりのインターネット接続。
繋がっている限り、速いので快適なのですが、やはり切れる事の多いのがインドのネット事情の大きな難点。
昨夜、ブログの更新、と思いinputしている間にも何度か切断・・・。
そのたびに書いた記事が消えてしまい・・・
とうとう諦めて寝てしまいました。

今日は途中で切れない事を祈りながら・・・。

さて、デリーの電気事情については以前書いたので、今日は快適な毎日を送らせてはくれない原因のもう一つ、水事情について。

日本から来た私達にとって、蛇口をひねれば一日24時間、好きなだけ水が使えるというのは、当たり前の常識、他の先進国でもほぼ同じような感覚だと思います。

デリーの水事情がそれとは随分異なっているということは、こちらに来てしばらく経ってから知りました。
デリー在住の日本人マダム達から得た情報です。

水のタンク


デリーの各家には、貯水タンクがあります。
色はなぜか黒。
暑い時期には温かい水、でなく、熱いお湯が蛇口から。
このタンク、屋上に載せられていたり、庭にごろりと置かれていたり、地下にある家もあるようです。
よく目にするのは、容量500リットルのもの。
タンクに書いてあります。

各家庭の蛇口は、上水道に直接繋がっているのではなく、上水道から一旦タンクに貯めた水が蛇口を通って出てくるというしくみ。
そのタンクへの水の供給は、一日二回、朝夕のみです。
タンクの水を使い切ってしまうと、次の供給まで水は出ないのです。
どうしても水が必要、と言う時には「給水車」を呼ぶことになります。

給水車


暑くなったころから、給水車の台数が増えたようです。
我が家の隣家にも毎日のように。
帰宅時に隣家の前を通る度に、「明日はウチも呼ばなければならないかも・・・」と思ってちょっと不安に・・・
給水車の水源って・・・?と。
それに呼んだからと言って、すぐに来るとは限らない(いえ、一度電話したくらいじゃ来るわけない)のです、だってここはインド。

しばらくすると、ウチではなく、反対側の隣の家、すなわち我が家の二軒先にも給水車が。
結局我が家が給水車を呼ぶ事態になることは幸いありませんでした。
我が家の給水タンクは庭には見当たらず、下から見る限り、屋上にも見えません。
1階からは屋上に直接上がれないのでわからないのですが、きっと屋上のどこかにあるのでしょう。

お隣とは家族の数か貯水タンクの数が違うのね、きっとと自分の中で納得していたのですが、デリーの水事情には更に深い事情がありました。

毎日朝夕の水の供給時に貯水タンクに水を貯める訳ですが、それは供給と同時に自動的に貯まる訳ではなく(私の中では当然自動と思ってました)、各戸で「給水ポンプ」のスイッチを入れて吸い上げる、ということです。
給水の時刻にスイッチを入れないとタンクに水は貯まらないので、必ず入れないと大変なことに・・・。
しかも、水の不足しがちな時期はスイッチをいれるタイミングひとつが、重要なポイント。
供給前に入れてしまうとポンプが傷む、入れ遅れれば、給水車を呼ぶ羽目に。
つまり一日わずか二回の供給時に、各戸の貯水タンクを満たすのに充分な水は供給されないということになります。

我が家には、ポンプのスイッチがないので、そんな事情は全く知らずに水を使うだけ、だったのですが、事情を知り、きっと、オーナーの夫妻か使用人の中にこのタイミングを計るのに長けた人がいるのね、とその幸運を単純に喜んでいた私達。

が、更なる疑問(疑惑?)。

各家の給水ポンプ、最近流行りの中層フラットなど、戸数が多く、タンクが高い所にある住宅は別として、一戸建てで強力なポンプをつけることは制限されているとか。
それは、周囲の家の分の水まで吸い上げてしまうから。
もしかして、隣家に毎日給水車が来ていた理由って・・・
この家の給水ポンプが原因・・・?
そんなご近所関係を損ないかねないエグイ事を、ウチのオーナーがしていらっしゃる訳ないですよねえ・・・。(疑ってゴメンナサイ)。

先日の大雨の後、街を走る給水車の台数も減ってきたようです。
この夏の水にまつわる苦労話が語られ始めました。
3日間水が出なかったお宅(給水の末端にあるため、水が来ないといわれたとか)、
水が出ないのなら家賃を払わないと言ったところ、オーナーにこの辺りは皆そうだから、と全然取り合ってもらえなかったお宅、
逆に大雨の時に、新築であるにもかかわらず、雨漏りしたお宅、半地下の部屋が水浸しになったお宅、などなど、
決して大きくはないデリーの日本人社会でも、様々な被害が・・・。

我が家はといえば、一部の蛇口の出が悪い事はありましたが、他の蛇口からはちゃんと出て、事なきを得ました。
いえ、でも一度シャワーを浴びていて、途中で出なくなった時は焦りました。
インドの家は西洋式に、各ベッドルームにバスルームが付いているので他の部屋に移動して続きを。
多分この家は複数あるタンクを階ごとでなく、家の部分部分に繋いで自衛策を取っているのですね。
やるじゃん、オーナー夫妻と思いましたね。(下げたり、上げたり。)

それにしても水と電気(とインターネット!)が途切れることなく使えるようになるのはいつのことなのかな。





スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/60-a5352002

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。