entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/09/09 (金) 23:27

インドのオーガニック製品

jam


日本では食にこだわる人も多く、オーガニック、自然食といったものもかなり浸透しているかと思います。
ここインドでは、まだまだ今日明日の食べ物に困る層もある程ですから、そのようなこだわりは一般的とは言えないのです。

上はインド在住の日本人婦人たちが支援している施設の一つ、「アラハバード農業大学農民研修センター」で作られたオーガニック・ジャム。
日本人の三浦先生という方の指導のもと、オーガニックのジャム、クッキーそして、長ネギやゴボウの栽培に取り組んでいるそうです。
長ネギよりも細めのものが市場に出回っていますが、ゴボウは入手が困難なので、この試みは在印日本人の食生活を豊かにしてくれそうです。

私達、支援をする日本人にとっても、ただ金銭的、物質的に援助をするだけでなく、彼ら自身の生産品によって、収益が上げられるルートが開拓できれば、それは望ましい事だと思います。

ジャムン(グーズベリー)、マンゴー、モモ、キウイ、ブラックベリーなどのジャムがありました。
日本などのものとは種類が違いますね。
私はジャムンとモモを購入。
お菓子やパン作りに応用できればいいのですが。
1ビン70ルピーから100ルピー。

cookies


新しく購入したというオーブンで焼いたクッキー。
素朴な味わいです。

アラハバード


アラハバード2


アラハバード農民研修センターの取り組みについての説明を受けました。
農民や女性指導者の育成に当たると同時に、周辺にある40箇所の農民の生活改善や青少年労働者の為の夜学の運営などをおこなっているそうです。
これらの事業を軌道に乗せる事によって、農村の苦しい生活から逃れたものの、結果的にはストリート・チルドレンになってしまう・・・そういう子供達を減らす・・・という意図もあるそうです。
「農村の生活」がそれほど大変なものなのだというのは、実際に話を聞いてみないと想像もつかないものでした・・・。

この国にはまだまだ自活が難しい上に、国やその他の援助の届かない人たちが数多くいるのだろうな、と思いました。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/43-a6303fb7

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。