entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/07/09 (土) 23:46

インドでそうめんを茹でると~清らかなる水の豊かな国、日本

Aquafina



休日の昼食は麺類が多い我が家。
日本にいた頃は、和洋中、ほぼ均等に食べていたのですが、インドに来てからというもの、家族からのリクエストは圧倒的に「和」。

3月から気温がぐんぐん上がって、4月には30℃を超えていたためか、そのころからそうめんがとても美味しい。
まさか4月からそうめんを食べる生活をするなんて予想だにしていませんでしたが・・・。

さて、今日の昼食もやはり、そうめん。
3人分、250グラムのそうめんを茹でて、冷やす(洗う)のに1リットルのボトルに入った蒸留水を6本使いました。
あらら、こんなに使っちゃったのね。と、いつも思います。けれども本当だったらもっと使いたいところです。
が、インドの水道水は残念ながら私達には飲める水準ではなく、煮炊きに使うのにも不適切なようです。
浄水器もとりつけてありますが、これを沸かしてもやはり料理にさえ使っていません。野菜などを洗う時のみに使います。
どの水をどう使うか、という基準は在印日本人家庭でも、多少の差はあるようですが、我が家では、料理にもお茶やコーヒー用にも、Pepsiの蒸留水を使っています。

東京での暮らしでも水道水をそのまま飲むことは少なくなっていますが、料理にボトル入りの水ということもありませんでした。
日本では当たり前のように作っていた食事が、インドで作ると、後に空いたボトルがゴロゴロと。
日本の水の豊かさがよくわかります。
その国独自の食べ物って、気候や風土に深く深く関係したものなんですね。

ちなみにそうめんは勿論インド製ではなく、日本の物です。

スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

お水は買うもの

私も、英国に住んでいるときは、毎週末になるとスーパーマーケットに行って、12本入りのボルビックのケースを2つ買っていました。日本人は、水に対しては、特にセンシティブ(体の方も)ですからね。
でも、買う水になれてしまって、日本に帰国してからも、水道の水に抵抗感を示し、相変わらず水を買っている我が家です。

水も安全も

タダじゃないんですねえ・・・。
一昔前は日本には水と安全は「いくらでもある」、という印象でしたが・・・。
ただ、最近日本でもお水を買うのが普通のことになったのは、水道水が飲めなくなったというよりは、より安全で美味しい水を求めて、ということですよね。
体調の優れないときには、歯磨きの仕上げにも蒸留水を使う生活はちょっと悲しいです。インドの水道水のレベルが上がるのと、自分の体が慣れるのと、どっちが先かな!?

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/4-3ef67b8d

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

05 * 2017/06 * 07

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。