entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2008/02/08 (金) 02:53

火事!

The Grand 火事


先月の29日、デリー南部にあるホテル、The Grand で火事がありました。
上は翌日の新聞、The Hindu 一面です。
下の部分の写真入りの記事です。
これによると、レストラン厨房よりお昼の12時50分出火、犠牲者の情報なし、出火の原因は不明、とあります。
この日はインドのRepublic Day (共和国記念日)に当たり、数少ないNational Holidayの一つでした。
デリーの中心部ではパレードが行なわれ、外国から賓客も招かれたようなので、当初は「テロ!?」と思いましたが、よく考えてみれば、このホテルはデリーのはずれ。
その後、テロとの発表はなく、単なる失火だったようです。
(共和国記念日のパレードの記事は 上の画像の新聞一面トップ記事です。)

The Grand 火事2


記事の部分の拡大。
実はこのホテル、何度かこのブログの記事にも書いていますが、私たちがフィットネス・クラブの会員になっている所なんです。
そして、この火事の当日も出火の一時間前まで子供と私はスパでシャワーを浴びていました。
その後のことなど全く予想だにせずいつものように、ここから車で5分ほどの自宅でのんびりしていると、夫の会社の同僚から電話が・・・
「グランドが燃えている」と。
その時点では別に消防車のサイレンが聞こえるわけでなく、ボヤか何かかな、と軽く考えていたんですよね。
一時的に使えないかもしれないけれど、事後処理が済めば翌日、いえ、数時間度には使えるのでは、という気がしていたのです。
ウチの夫などは夕方スパに行くつもりだったのですが、ホテルへの電話はつながらず、夫のドライバー仲間(ここのオーナーのドライバーなんだそうです)から結構事態は深刻、と聞いたのでした。

人的被害はなかったものの、宿泊客は全員他のホテルに移り、しばらくはクローズ。
延焼部分は大したことはなかったが、煙、煤がエアコンを通じて全館に回ってしまい、使えない、と。

The Grand 火事3


翌日、傍の道を通りながら見てみると、外壁は黒くすすけ、窓ガラスが割れている部屋も見えます。
バスローブ姿で避難した人もいたと新聞の写真で見た、という人もいます。
時間が少しずれていたら私たちがその中にいたかも、と思うとぞぞ~っとしました。
スパのスタッフや、会員の中にも顔見知りの人がいるので、その何人かはたまたま居合わせて大変な思いをしたのでは、と心配になりました。

何とか早く復旧してくれるといいのですが・・・。

スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

オドロキでしたね!
でも、使用している最中じゃなくってよかった。の本当に!

いつも思うのですが、アクシデントや事故って自分たちの「真横」にいつもあるんですよね。実は。

たまたま運がよくって、難をのがれたってことがたくさんありますよね。

火事や、事故、私の知人からも今年に入ってドッキリ体験を何回か聞きました。

一寸先は...と思ってヒヤリとします。

ありゃりゃ、じゃあENOKIもしばらく休業ですね。
自分とこの出張仲間は、ENOKIにかよってた人もいるみたいですが。
もうThe Grandになる前のことですけどね。
自分は、イタリアンなレストランのほうが好きでした。

とりあえず、ご無事で何よりです。

エノキ休業ですか

エノキ休業。
いと、悲し。

コメントありがとうございます!

v-22NaoMint さま

ホントホント、いつ何が起こるかってわからないですものね。
気をつけようがないっていうのか・・・。

事件、事故はいやですよね。
予知能力でもあればいいんだけど(笑)


v-22ぴらふ さま

お久しぶりです!
私も The Grand のItalian 好きでした。
Enoki はデリーの数少ない 「まともな」部類の和食店だったのですが・・・。
出火はこの厨房からだったみたいです。
って言うことは一番燃えたところですよね・・・。


v-22グルガオン子 さま

Enoki 休業です・・・。
火元だということです。
って言うことは店内のあの太い木(榎?)や梁も燃えちゃったんでしょうかね・・・?
残念です・・・。

またコメント失礼します。
ありゃ、ENOKIが火元だとは。。。

さっきのコメントで書こうと思ったんですが、
あそこの炭火って異様に火が上がってましたよね。
地下であんな火をあげていいの??とか思ってましたがホントに火事になるとは・・・
けどあれは火が強すぎだったと思いますけど(^^;;

日本じゃ、ビルでは消防法から難しくなっているようです。
とはいえ、何でもアリのインド、あんまり厳しくなるのも風情がないなぁ、なんてのは旅行者のたわごとでしょうかね。

いつか、あそこのイタリアンにいた爽やかなボーイさんに再会できることを願って。

コメントありがとうございます。

v-22ぴらふ さま

再度のコメント歓迎です!

あの炭火か、奥の厨房かはわからないのですが、ランチライムなんですよ、失火時刻。
私は感覚が麻痺しているのか(オソロシイ・・・)そんなにあの炭火が危険とは思っていなかったのですが…(苦笑)。
それに、ホテルの宴会場での余興などの企画の際はすごく厳しくて火の使用は制限されているんですよ。
インドだからOKかな、と思ったのですが、企画したイベント、室内だからと2度とも火は使えませんでした。アバウトなようで、意外と規則に厳しいところもある、フシギなところです、インドって。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/308-3792051a

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。