entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2007/05/23 (水) 14:31

インドの病院~総合病院編 Vol. I

またまた久し振りの更新ですが、今回は病院の話題。
インドに来て2年余り、幸いな事にこれまで病院に行かなければならない程の怪我や病気は殆ど無かった私達家族。
中でも一番元気なのが子供で、インドの病院体験は「腸チフス」の予防接種のみ。私は一度喉の不調で耳鼻科にかかったことがあります。一番多いのは夫で、日本出張中に取れた差し歯をつけに歯科(日本で付けて来た方が良かったのに・・・)へ、そして体調不良で内科へそれぞれ1回ずつかかったようです。

外国で暮らしていて、体調を崩すのは勿論ですが、病院に行かなければいけない状態になるのは何とも心細いものです。特に発展途上国では尚更に・・・。
その上それが子供だったりしたら、親としてはもっと忍びない思いをするに違いないので、これまで我が家は本当に恵まれていたのだわ、と思います。
最近小さいお子さん連れでデリーに赴任されるご家族が多いので、勿論近代的な病院もあるとは言っても、皆さん偉いわ、と尊敬のまなざしで見てしまいます。ウチの子供がもし乳幼児や幼稚園児(月に1回は小児科に行っていましたね・・・)だったら、間違いなくインド入りに二の足を踏んでいたと思うので。

そんな我が家の状況だったので、このまま行けば、病院に通う事もなく日本への本帰国の日を迎えられるのでは・・・と思っていましたが・・・。

3月の一時帰国の時、東京でインフルエンザや風邪などが流行っていると聞き、暑いインドから急に寒い東京に行ったら体調崩しそうだな、と嫌な予感がしていました。
が、これは杞憂に終わって、帰りの便で「何だ、何だ、私って結構体力あるじゃん、若いじゃん。」といい気になっていたところ・・・。
デリーに戻ってほっとした頃、左瞼が腫れてしまい、「お岩さん」状態・・・。日本製「抗菌目薬」でも一向に良くならないので、とうとう総合病院の眼科へ。
予想通り「ものもらい」だったようで、目薬、塗り薬、抗生剤が出たのですが、お医者さん(女医さんでした)から、全治3週間と聞いて「え?そんなにかかるの?」とショック。
「途中でお薬やめるとぶり返しますよ~。」と言われ(脅され?)帰って来ました。
ものもらいなんて、2~3日で完治と思っていたのですが、外側の腫れは引いても、目の内側のできもの状のものと痒みが治まらず、本当に3週間かかりました。
インドの黴菌は強力!?

初診だったこともあってか、視力検査をしたのはまあいいのですが、その日は痛いし、痒いし、で「先生、診察だけでいいので、早く診てくださ~い」と言いたい気分でした。
実は学生の頃から左右の視力差がものすごくあって、社会人の初め頃まではコンタクト使っていたんですよね。
でも、黒板見る必要がなくなったので、必要な時だけ眼鏡になり、だんだんそれもしなくなって、近頃は裸眼で生活していたのです。
日本でも眼科で「裸眼で外を歩かないように。危険だし、目の疲れもひどい筈。」と言われてはいたのですが、最近はもうずっと裸眼で過ごしていることを知るとお医者さんもあまり強く「裸眼はダメ」なんて仰らなくなっていたのです。(諦められていた?)
それをいいことにもうずっと「裸眼ライフ」を送っていたのですが、インドのお医者さんは「こんなに視力が違うのに、何もつけないのは絶対にダメ、眼鏡を作り直しなさい!!」と有無を言わさぬ勢い。ちょっとコワイ・・・。
腫れているのは左目で、この日はかすみもひどくてよく見えないので、そう言うと、「それにしても右目も悪すぎるし。次回もう一度視力を測り直して必ず眼鏡を作らないといけません。じゃ3週間後に・・・」と。
その後、眼科には行ってません・・・。(先生ごめんなさい・・・)

Apollo Clinic

総合病院にかかる場合、所属(海外なので、夫の)の会社から予約を入れてもらった方が待ち時間など少ないと聞いていたので、総務の方にお願いをしました。 (でもそこそこ待ちましたが・・・)
今回行ったのはApollo Clinic.

Apollo Clinic 2

デリーには有名な近代的な総合病院がいくつかあり、昨年オープンした新しい病院もあるようです。
このApolloとMax は以前から日本人がよくかかる2大病院だと聞いています。

受付の対応も先生(私はちょっとコワかったけど・・・。いや、でもそれは患者である私のせいか・・・)も安心できる感じですが、建物はちょっと古い印象。
医療の質とは関係ないかも知れないけれど。

Apollo Clinic3

インドは院外処方が一般的のようです。
病院に付属した薬局に処方箋を持って買いに行きます。

実はまだたまに左目がむずがゆくなることがあります。
そういえば、先日ネットのニュースでインドで女性の目から「寄生虫」が・・・と言う見出しをみましたが、まさか、寄生虫じゃないよね!?
日本に一時帰国したら眼科に行って見ます・・・。
日本の眼科の先生、ヘンな病気か寄生虫だったらすみません。

スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

お久しぶりです。。

大変な怪我をされたようで・・・。本当に大変でしたね。
1日も早く治ることを願っています。。。
お大事になさってください。

コメントありがとうございます。

v-22angers さま

お蔭様で傷は殆ど塞がり、快方に向かっています。
ご心配頂き、ありがとうございました。
本当に一瞬の事で、思わぬ怪我をするんだなあ・・・と思いました。

視力差!

はじめまして!いつも更新を楽しみにしています。
いつも読み逃げしてしまってますが気になる話題があったので(><)
というのも、私も右と左の視力差が激しいのですが、
何も知らず最近じゃ運転や遠くを見る時以外は裸眼で過ごしてました。
頭痛持ちなのはそのせいだなぁ…くらいにしか思ってなかったのですが、
危険ってどういう事なのでしょうか?!

これからはちょくちょくコメントします☆

コメントありがとうございます!

v-22ひまわり さま

こちらこそはじめまして。

視力差のことですが、ひまわりさんはどれくらいですか?私の右目は0.07なんです・・・。
左目も一時(学生の頃)は右目に引きずられて0.2まで下がり乱視も強くなったので両眼コンタクトだったんです。
それが、ある時から左目の視力がなぜか回復し始め、信じられないことに最近は調子がよければ1.0まで見えるのです。
外を歩いたりする場合、両目で見ている範囲と、片目で見ている範囲(前に障害物あると実感できますね。)があるので、階段をふみはずす、とか、急に飛び出してきたものが見えないとか、人をよけきれないとか、の物理的な危険と、目が疲れやすいとか、良い方の目がまた引きずられるなどの危険性があると指摘されました・・・。
確かに物が急に視界に入ってくることってあります・・・。
やっぱり裸眼はキケン?

今後とも宜しくお願い致します!

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/294-a3ea1307

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

05 * 2017/06 * 07

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。