entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/11/25 (土) 00:36

India International Trade Fair 2006 へ

IITF


aranyos さんのブログで見て是非とも行きたいと思っていたIndia International Trade Fair へ行って来ました。

IITF2


入場前にまず行列・・・。
すぐに入れるもの、と甘く見ていたのでちょっとびっくりしてしまいました。
ここで既に時間のloss!?と。
列の後ろについたところ、人との距離をあまり取らないインドの人たち、後ろの人が密着してくるのがちょっと気になる・・・。ふと見ると、周りの人は皆チケットを持っているようです。近くの警備員に「チケット売り場」を聞いた所、別の列を指したので、並び直し。けれどもこの列の人たちの手にもチケット・・・。気づいたのはゲートの直前。「チケットないんですけど・・・」とそこの係員にも訴えたのですが、手振りで「いいから進め」と。英語はあまり通じない模様・・・。結局そのまま通ってしまいました。(一体何だったんだろう・・・)。
列は3本あり、長い割にははけるのも早くて、5分くらいで無事入場。
セキュリティー・チェックが一応あって、女性は女性係員から検査を受けるのですが、ブース(女性用だけカーテンで囲われている)の中では係員の一人が昼食中でした・・・。

IITF3


2番ゲートから入ってすぐにあったのが、インド各地の布を集めたパビリオン。
各地のサリー用、パンジャビ用の布や、ショールなど。
いろいろあって目移りしてしまいます。
素材は綿、絹の2種が主流。

IITF4


サリー用の布は綿で数百ルピーから、絹は2千ルピー台から。
いいな、と思うものはやはりそれなりのお値段。(5,000ルピー以上=約14,000円)

IITF6


何か1枚・・・と思ったのですが、絞りきれませんでした・・・。
地方ごとに特色ある布を持つインド、もうちょっとベンキョウしてから・・・などと思っていつも買えないのですが、一度「身銭を切って(大げさ?)」買ってこそ理解が深まるというものかも知れません。

IITF7


外に出ると、糸つむぎの実演。

IITF8


子供の遊び場も。
芝生でくつろぐ家族連れも多くて、ちょっとしたピクニックのよう。
外にいるにはちょうどいい季節です。

産業ごとのパビリオンもあり、化粧品などのパビリオンに入ったところ、どこか先進国の見本市にでも来たかと思うくらいでした。
普段からインドの化粧品をよく見ているわけではないのですが、それでも一度も目にしたことのないようなメーカーや製品があり(地方のもの?)インドはやはり広いわ・・・と思ったのでした。

IITF9


興味があるのは、州ごとのパビリオン。
と言っても、知識としては多分インドの小学生以下。
どこにどの州があって、その州の特産物や産業は・・・なんて殆ど分からないのです・・・。
ああ、やっぱりもっとベンキョウしておくべきだったわ。

IITF10


州ごとに趣向が凝らしてあって、入り口前に箱庭のように州の様子を再現してある所も。

IITF12


中には特産物や産業、文化などの展示。そして、最後に販売ブースがあるのは大体どこのパビリオンにも共通でした。
途中でここはこれ位にして、他に行こう、と思ってもちゃんと順路どおりに進んで最後の販売ブースの前を通らないと出口に抜けられない仕組みも共通。
なかなか逞しい・・・。

IITF13


IITF14


ここには見たこともないほど沢山の種類のチリ(唐辛子)が。

IITF16


州のパビリオンに混じってデリーのパビリオンも。
「都会」「首都」を意識しているのか、民族調ではなく、近代的な雰囲気の外見。(中にはは入りませんでした。)
壁面には地下鉄の絵。

IITF17


オリッサ州のパビリオン。

IITF18


このようなカラフルな布製品で有名。

IITF18


絣も有名。他のお客さんが見ているところをちょっと失礼して撮らせてもらいました。
なんだか懐かしくなるような柄行です。
織物が各国を巡ったことが想像できます

IITF19


カラフルなタペストリー。

IITF20


パビリオンの脇にはこのような軽食コーナー。

IITF21


こちらはほぼ等身大の人形が州の特徴を表現。

IITF22


入場制限がかかっている州も。(ナガランド州)

IITF23


このようにアジア系の人たちも。
インド人と人種は一種類ではないのです。
国土は広く、人口も多い。
その点でも日本とは随分違います。

IITF24


ケララ州のパビリオンの外ではココナッツ・ジュースの販売。
この州は観光でも人気。
バック・ウォーターを持つリゾート地でもあるのだとか。
一度訪れてみたいです。

IITF25


2時間では回りきれず、aranyosさんの記事にあったラジャスターンのパビリオンには行けませんでした。残念・・・。

学校から見学に来ている子供たちも沢山見かけました。
インドの学校は私立(public)も政府系(government)もどちらも制服があります。
鮮やかなブルーのシャツはよく目にします。日本だと制服のシャツは「白」が当たり前ですが、インドの人の肌にこのブルーはよく映えます。

IITF26


会場は Pragati Maidan.
27日までとのことですが、土・日は更に混みそうです。
月曜日は最終日だし、もう混まない日はないのかな・・・

IITF27


結局私が購入したのはこれ1点だけ・・・。
小さい箒です。 20ルピー也。(約58円)
でも普通のマーケット(市場)で売っている物は普通の大きさのもので20ルピーくらいからあるので、これは「高級品」?
家具などの埃を払うのに使うつもり(実際に使うのはメイド)です。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

凄い!

patjalさんも行って来られたんですね。
それにしても随分たくさんのブースやパビリオンを
見て回れましたね、凄い!
私は駆け足状態で見ても4箇所でした…
ホント半日じゃ足りないかもね?!
お買い上げになった箒可愛いですね。市場で売っているものとは違って「高級感」が出てますよ。
あぁ、最後に月曜日に行きたいなぁ・・・無理かなぁ・・・

デリーに着きました。

無事にデリー到着しました。同じところに居るんですね、今。想像していたよりも寒くてびっくりしました。暖かい衣類をたくさん持ってきたので安心です。

インターナショナルトレードフェア、時間があったら除いてみたいと思います。

v-22aranyos さま

そうなんです~。行って来ましたよ。
ありがとうございました。
私も駆け足で回ったので、いい運動になってしまいました(苦笑)。
ラジャスターンと、布のパビリオンに行きたいとは思うのですが、明日どうしようかな・・・と迷っています。
また来年もあるよね・・・とも思ったり。

あと、毎年2月にあるスラージクンド(グルガオンの方)のクラフトメラにも、インド各地から布やら布製品、ショール、民芸品、工芸品が沢山集まってこちらも楽しいです。
今回のFairよりも観光っぽくてそれはそれで楽しいですよ。
小・中学校は学校から行くのですが、幼稚園はどうなのかな・・・?


v-22よりこ さま

ご無事のお越し、何よりです。
気候の違いや時差などありますので、くれぐれも体調崩されませんように。

デリーはここ1週間くらいで急に寒くなりました。
去年より寒くなるのが早いかもしれません。
私、11月中は寒くないとお知らせしてましたよね、すみません。

落ち着かれましたら、ゆっくりお会いしましょう。
楽しみにしています。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/263-c846632a

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

05 * 2017/06 * 07

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。