entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/11/01 (水) 20:45

ゼネ・ストで

無事にDiwaliが過ぎ街が静けさを取り戻したな、と思ったら今度はジェネラル・ストライキ(= ゼネ・ストですよね、日本語だと)。
子供の学校からは、影響でスクール・バスが運行できない場合、時間割りに変更の可能性があるとの連絡が・・・

こんな時に限って、大学に出向く約束が入っていました。
スピーチ・コンテストに出場する学生の選考、というあまり気の進まない用事が・・・。
学生達はちゃんと集まっているとのことで予定通り大学に向かいました。
我が家と子供の学校の辺りは普段と変わりなく見え、ホントにゼネ・ストなの?と思っていたのですが、大学の近辺は交通規制が敷かれているとかで、早めに出た方が良い、と教授のアドバイスがありました。
ドライバーに伝えてあった時間より早めに玄関を出ると家の前にいる筈のドライバーの姿はなく、門番の慌てること・・・。
本当は雇用主(私)の許可無くどこかへ行ってはいけないのですが、実際は、私が次に出かける時間を言っておくと、それまでの間に、近所の商店街などで私用を済ませているらしいのです。
携帯で連絡を入れると、飛んで帰ってきたドライバー、「まだ早いんじゃないですか?」と。「ストで迂回しなければならないかもしれないから早めに出た方がいいって連絡があって。」と言うと、無言で笑っていました。大丈夫なのに・・・とでも思ったのでしょうかね。
実際大学まであと5分という所まではストなんて嘘のように、スイスイと進んで、約束の30分前に着きそうな勢いでした。

ゼネ スト


やっぱり大丈夫だったのね、良かったとほっとしていると、渋滞し始め、見回すと一番左の車線は荷台に鈴なりに人の乗ったトラックの列。
バスなど公共の交通機関のストかと思っていたら、商店街の商店主などが、政府の規制に反対するとのストでした。この先にデリー市庁舎があるとかで、そこへ向かう列だそうです。
シュプレヒコール、と旗。
旗は黒一色のもの、インド国旗の白の部分が黒、のもの、とやはり騒然とした雰囲気。

街


地下鉄の駅の所まで来ると、通行止めで迂回を余儀なくされ、ある確信を持ってひたすら進んでいると思われた私の車は目的地に着けないまま、見慣れない風景のところへ・・・。

要するに、すぐ近くまで来ていたのに、道に迷ってしまったのです。

街2


これまで記事には書かなかったのですが、実は私のドライバーは「方向音痴」の疑いあり(とうとう言っちゃった・・・。ゴメンネ Nareshさん)。
キレのあるハンドルさばきと絶妙なブレーキ使いには「さすが、プロ。動物的ともいえる反射神経かも・・・」と感心していたのですが、こと方向感覚となると、外国人でデリー在住歴の浅い私が「だ、大丈夫?」と思うくらい。
過去に何度も行った事のあるところはさすがに、さっと連れて行ってくれるのですが、初めての所や2~3度目のところは要注意。
だいたい住所を頼りに行くので、近くまで来ているのにそこからが長い・・・。何となくこっちじゃないかな・・・と言うカンが働かないんだか、ずれているんだか・・・。
道を聞く相手も、明らかに人選ミスでしょ?それは~・・・と思うことが多くて・・・。遅刻しそうになりながら、何度か笑いをこらえてしまいました。

彼が休みを取るときは別のドライバーが派遣されるので、1日だけの人を入れるとこれまでに7~8人のドライバーが来てくれたのだと思いますが、我が家の前を通り過ぎたのは彼だけです・・・。(それも1度ではない・・・)さすがに最近はそれはありませんが・・・。

今回は道を聞いた人がちゃんと教えてくれたので、すぐにたどり着け、結果オーライでしたが、予定通りの時間に出ていたら遅刻するところでした・・・。

これまでに何度もヒヤヒヤしている(実際遅刻したこともあり)ので、初めてのところに行く時は、自分で下調べ、と出来る限り先方に「目印」や、「行き方」を聞いて「さりげなく」ドライバーに伝えることにしています。「○○の前のゲートを入ってって言ってたから・・・。」とか。個人差はあるでしょうが、やはりドライバーにはプロとしてのプライドがある人も多いらしく。
外国人のマダム(マダムでなくとも)に道を指示されてカチンと来る人も多いとか。
夫のドライバーはまさにこのタイプで、でも住所を言えば、勘を働かせてちゃんと連れて行ってくれる、そちらの面でもプロと言える人なのです。
その夫曰く、「方向音痴」と「ドライバー」は同時に成立しえないだろう、と相当驚いていました。
確かに日本なら(いえ、日本以外も)ちょっとありえないかも・・・。
ロンドンのタクシー・ドライバーは住所を聞いたら一番近い道を通って目的地に行けなければなれないほど厳しいと聞いた事がありますし。

方向感覚には相当問題有りのドライバーですが、雇用条件の優先順位は、1.運転技術 2.信頼できる人間性 3.できれば方向感覚
1.と2.は満たしているので、3.は無くても目をつぶろう、ということにしています。それくらいは私がフォローするわ、と。最初の2つはフォローの仕様がないので条件からは外せません。 

帰りは地下鉄が途中までで運転をストップ、朝よりも混乱しているようでした。
が、デリーの中心コンノート・プレイスを抜けると、いつもどおりの平穏な雰囲気。
子供の学校の方も特に影響はなく、平常どおりでした。












スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

お疲れ様でした!

v-231内での様子が、v-412目に浮かびます。ストレス度80%位でしたか?
そんな時にはカカオ度数の高いチョコレートカモミールティーでリラックスなんていかがですかv-410

v-22ニューデリー卒業生 さま

それが毎度の事なんで、あんまりストレスを感じないんですよね。あ~また~?見たいな感じで・・・。ドライバーに怒ったりもしないし(良くないですかね~? でも怒ったところで、彼の方向音痴が治るとも思えなくて・・・)。
それでもチョコレートは大好きですよ~。家の近所に可愛らしいチョコレートショップが出来てちょっと嬉しいです。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/252-f6559ba7

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。