entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/07/07 (金) 01:30

インドで暮らさない日々 vol. VI ~ デリーの空港で

デリーのインディラ・ガンディー国際空港のセキュリティー・チェックについて・・・。
インドでは昨年迄にデリーを含む何箇所かで爆弾テロがあり、空港や繁華街には警戒体制が敷かれていたことがあります。
印象としてはインド出国の時のセキュリティー・チェックは近年の成田と大差ないように感じます。

違いは確かに幾つかあります。
まず空港ビルの出発階に入れるのは、航空券を持った人のみ。ビルの入り口でチェックがあります。
見送りの人はビルの外にあふれていて、慣れないとちょっと異様な光景。
ビルに入るとすぐにチェックインする荷物のX線検査があり、検査を通った荷物は日本の宅急便などの梱包に使うような機械でプラスチックの紐をかけられ、目的地に着くまであけられない仕組み。
それを航空会社のカウンターに自分で運んで、チェックイン。
ここで全ての手荷物一つ一つにもタッグをつけます。
そして、出国手続きの後、手荷物検査。
X線を通った荷物のタッグにスタンプ(このインクがクセモノ。乾きが悪くていろいろな所につく・・・)を押してもらい、搭乗ゲートへ。

私の荷物は機内持ち込みO.K.の小型のスーツケース。旅行にPCは持って行かないので、このバッグをいつもはチェックインしています。
夫は仕事上の理由からPCを持ち歩く派ですが、出張よりバッグを減らしたこの旅行、PCを入れる所を探していたので、出かける間際に私のバッグに入れて機内持ち込みすることにしました。
すっかり忘れていたのですが、このバッグの中身は私の着替えの他、化粧ポーチも。その中にごく小型のはさみ(本来は爪の甘皮切り)が入っていたのです。

手に持っていたペットボトルがノーチェックだったので、なあんだ、インドのセキュリティ・チェックって意外と緩いのね、と思っていたら、背後で夫が引っかかっています・・・。
「バッグを開けて下さい。はさみが入ってますね?」と言われ、見つかってしまいました。
夫はこの時点でかなり不機嫌・・・。
「インドのチェックは厳しいんだからダメだよ~~。刃物はちゃんとチェックインしないと。基本だろう?」と。
もともとチェックインするつもりのバッグだったので、すっかり忘れていたのです・・・。

「あの、これ爪切り用なんですけど・・・」と言ったのですが、係官、「これはダメ」と、容赦なく足元の回収用ゴミ箱にポイッと捨てようと・・・。
「あ~~、それヘンケルの、結構高かったんだけど・・・」というのはすっかり日本語になってしまいました。(はさみ1つでじたばたするなんてやっぱり庶民・・・)

普段こういう交渉事には絶対に口を挟まない夫が、「しょうがないなあ」と交渉してくれました。
こんな小さくてもダメですか?とか、じゃあ、帰るまで保管してくれませんか?とか、聞いてみたのですが、どれもダメ。
結局「機長預かりにして欲しいので、エアラインの人を呼んでください」と。
何だか、おおごとに・・・。
はさみだけ預ければいいのかと思ったら、どれか一つ荷物をチェックイン扱にして、貨物室で預るとのこと。

夫が、「こういうのって危ないぞ。途中でどっか行っちゃうかもな・・・。」と不吉なことを・・・。
そう言えば、私たち、ミラノでトランジットしてローマに向かうんじゃないですか!?
私も不安になり、航空会社の人の手書きのタグを確認し、なおかつ「ローマでちゃんと受け取れますよね!?」と念を押してしまいました。
でもその後も何だか不安に・・・。

最近はコンピューターの発達で、チェックインした荷物がとんでもない所に行ってしまって、受け取るのに何日もかかったなどという事は聞かないですが、万一の為に手荷物に1日分の着替えや身の回り品は入れておいた方がいい、と聞いた事があります。
私の着替えは全て、追加でチェックインしたバッグの中。
もし、これがどこか違う所に行ってしまったら、私だけ着の身着のまま!?はさみ一つを惜しんだ為に!?何だかいや~な予感がして来ました。
夫の不機嫌は治りきらないし・・・。

ローマに着いて、ドキドキしながらbaggage claim で待っている間の長かったこと。
いや、実際インドより長くかかって、何でこんなにかかるんだろう?ココってヨーロッパよね!?といぶかしく思っていたのでした。
結局、ちゃんと出てきて、一件落着。
「帰りの便では気をつけてくれよな。」と言う夫の注意付き。
普段そんなことしてくれないのに、何で今回は躍起になって取り戻してくれたのか聞いてみると、係官が捨てようとした時の私の声が余りに悲壮だったから、だそうです・・・。(やっぱりバリバリの庶民だわ・・・)

しかし、イタリアからインドに戻る時、私はさすがに件のはさみをチェックインする荷物に入れたのですが、今度は夫がべネツィアで買ったペーパーナイフを手荷物に入れていて引っかかりました・・・。
ヒト(私)にあれ程言っておきながら・・・(やっぱり「天然」・・)
イタリアの係官は「今回はいいですけど、次回から必ずチェックインして下さいよ。」と。
面倒な事にならず、ラッキーでした。

刃物


上がデリーで引っかかったはさみ。刃渡りわずか2センチ。

下がイタリアで引っかかったペーパーナイフ。

皆さんもインドで飛行機に乗るときは気をつけて下さいね~。ってそういう人は余りいないですかね!?それに皆ちゃんと気をつけているのかも・・・。
私たちって、空港の係官にも航空会社にも面倒で迷惑なお客だったのですね、きっと・・・。すみません・・・。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

楽しく読ませていただいてます。

化粧ポーチの中身って忘れてるから 香港で引っかかりましたよ。眉用なんで2センチないですよね。開けて見せてOKしてもらいましたけど、セントレアでOKだったんで気にしてなかったんですけどね(日本はやっぱ甘い?)英語わかんない私でも シザー くらいわかりますからね。”え はさみなんて持ってたっけ???”ですよ。けど眉用でなにかできますかね???

rina さま

コメントありがとうございます。

小さいはさみってホントつい、うっかりってありますよね。
セントレアって名古屋でしたね。
一瞬どこの国だっけ?と考えてしまいました・・・。(無知)
私たちが引っかかったのは小さいとは言え、結構鋭利だったので、夫も確かにこれは引っかかっても仕方ないと言ってましたが、機内食で出るナイフ、金属製でした。
そっちの方がよっぽど危ないんじゃないか、と思いました。(日本の航空会社はプラスチックのナイフですよね。)

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/202-e9f2345d

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。