entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/05/13 (土) 22:23

ひじきのベーコン炒め

いつも美味しいお料理のレシピや様々な「ワザ」でお世話になっているPumpkin-Rさんのブログで見たブログ「母ちゃんちのご飯」のひじきのベーコン炒め。

ひじき


「ひじき」というと、いつも作るのはオーソドックスな和風の「煮物」
なので、新鮮な味で美味しかったです。
「ひじき」としょうゆ、酒さえ手に入れれば、あとはインドの材料で。
日本の食材が手に入りにくいので、来客の時でも、単身赴任の方をお招きしている場合は、家庭料理でも喜んで頂けるかな、と、日本にいたら、お客様にはお出ししないのでは、というメニュー構成のことも。
豚の角煮、トン汁、きんぴらごぼう、切り干し大根、そして、ひじきなど、インドでは普通食べられないようなもの。

今回は持ち寄りランチパーティーに持って行きました。
メニューの事前打ち合わせの無い、肩の張らないものなので、いつもは他の方とバッティングする可能性の低いメニュー(例えば韓国料理)を考えているつもりですが、この日は私以外に2人の方がひじきの煮物でした・・・。
やっぱりひじきはかち合う危険性大なのね・・・。
次回はちょっと捻りを加えなくっちゃ。

でも次回の帰国では「ひじき」も忘れずに買い足すつもりです。

スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

持ち寄りランチパーティ

このひじき、アメリカ人のウチのオットも食べられるので私もちょくちょく作ってます!いつもの甘辛いのと違う味が欲しいときに重宝するんですよね^^。
それにしても、持ち寄りパーティでひじきがかぶるって面白いですね^^。
ひじき、切干大根、きんぴら~!?あぁ、インドではものすごくありがたく感じます。これを出された方々は、ホッとされるんでしょうね~^^。
私も参加したいです~!

Pumpkin-R さま

確かに、持ち寄り(全20品くらいだったかと)でひじきがかぶるのってフシギかもしれませんね(笑)。人数が多いのと、ランチの前に会合があるので、朝作って持参すること、日本食材が貴重な事などでそうなるのだと思います。
短期間ならともかく、外国で自国の食べ物ってやっぱりほっとするんですね。
我が家は韓国での時以上になぜか日本食の頻度が高いです。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/190-8b5fceb0

entry_header

この記事に対するトラックバック

シャロンがぎょっとしたのは、、、

冷蔵庫にパンチェッタが少しだけ残っていたのを見て、突然無性に食べたくなり、作ったのがこれ(写真)です。COOKPADという料理サイトで知り合った、てんきちの母ちゃんさんのレシ

  • Pumpkin in India
  • * 2006/05/14 02:13

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。