entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/04/08 (土) 02:01

長瀞小旅行

この帰国の間に済ませなければならない用事、どうしてもしておきたい事など結構あって結局毎日動き回る羽目になり、骨休めに一時帰国、というよりは、スケジュール目一杯。
根っからの貧乏性なのかも・・・。

前半に会った友人に後半に再び会ったところ、「大丈夫?顔が疲れてるよ~。」と・・・。

「済ませなければならない」方はさておき、「どうしてもしておきたい」方の上位に「いちご狩り」と「温泉」が。
どちらもどうしても外せません。
なぜならインドで日本のような生のいちごを食べるのは日本からの持込以外、ほぼ不可能。
私の好物と言えば、果物(特にいちご)とチョコレート。(お寿司、ふぐなどは除外した場合・・・)。
そのいちごが殆ど食べられない生活なんて想像できますか?(勿論普段は忘れていますが、というか、忘れようとしていると言うほうが的確かも。)
そこで、いちごの季節に帰国したら必然的に沢山食べることになります.
が、今年は「いちご食べたい病」(?)が更に悪化して、どうしても「食べ放題」に行きたくなってしまいました。

東京近辺で「いちご」の産地と言えば、やっぱり静岡県(と最近は栃木?)なのでしょうが、より近場で手軽に、温泉もと欲張って、候補に挙げたのは「外房」と「長瀞」。
インドからインターネットで探したところ、ちょうどその頃、千葉は寒波で雪、との予報。
インドから寒いところへ行くのはちょっと無謀、と予想気温の高かった「長瀞」に決定。
感覚的には外房の方が暖かそうですが・・・。
手軽に、などと言いつつ、いちごの食べ放題1回だけじゃね、と2泊して来ました・・・。

インドに温泉と言うのも聞いた事はないですし、自宅のお風呂ですら、貧弱な給湯システムのおかげで、バスタブにお湯を張るのは不可能。温泉なんて、ある種の「パラダイス」です、露天風呂好きの私たちにとっては。

梅


今年は年末、年始が寒かったので、梅の開花が遅かったとかで、きれいに咲いていました。

梅園


宝登山の梅園。
 
蝋梅


蝋梅園も。
黄色でほのかな梅のいい香りが漂っていました。

駅


SL が何本か走っていて人気のようです。
電車など乗り物に興味を持ったことなどない我が家の子供、「乗ってみたいなあ。」と。意外でした。
予約が必要で今回は断念。

セメント


秩父といえば、セメント。
山の中腹のセメント工場も電車から見えました。
貨物列車に積まれたセメントの完成品?(ではないですね?)、原料?
かわいらしく、1両に山が3つ。

いちご狩り


楽しみにしていた「いちご狩り」
30分食べ放題です。
「べにほっぺ」と「女峰」。
「べにほっぺ」は初めて頂きました。
農園の人に聞いてみると、果肉が柔らかいので、出荷には不向き、もっぱらいちご狩り用に栽培しているのだそうです。
確かに柔らかかったです。
好みは食べなれている「女峰」の方かな。

いちご狩り2


2日目の朝食の時、仲居さんに「食べ放題って言っても、せいぜい10何個位で、元は取れないでしょ?」と言われたので、「50個以上食べましたよ~」と正直に言うと絶句していました・・・。
あれ?みんなそんなに食べないのかな?
食べる前は100個は軽いんじゃないか、と密かに思っていたのですが、甘かったです。ものすごくお腹が一杯で。
それでも2日目も違う農園でまた50個以上食べました。
単に意地汚いだけ !?(やだやだ・・・)

いちご狩り+露天風呂で選んだ宿で、お風呂にのんびり浸かり、ゴクラク、ゴクラク・・・。
夕食には1日目「いのしし鍋」、2日目「しゃぶしゃぶ」を頂きました。しかし、食べてばっかり・・・。

川下り


せっかくの長瀞なので川下りも。
このように、石灰岩の層が隆起している所は珍しく、国の天然記念物に指定されている、と船頭さんから説明がありました。
川下りの終着点から長瀞駅までバスで送ってもらうのですが、その道の両側は桜の木。
この時は残念ながら開花前。
1週間後にまた来てください、と先ほどの船頭さん。
その頃はインドだし・・・。

この長瀞行きも子供と私の2人旅。
宿の人など、何人かの方から、「お父さんは一緒じゃないの?」と言う質問が・・・。
こういうデリケートかも知れない質問ってNGじゃないんですね?
しかも、私じゃなくて子供に向けられてました、この質問。
「去年別れたので・・・」とか、「数年前に亡くなって・・・。」とか、「もともといないので・・・。」とか、ちょっとリアクションに困る答えも結構あるのでは?と思うけど。

あるいは、私たち(「私」か?)が、そのような人生の荒波を経験した深みのある人物とはとても思えず、「お気楽な脳天気親子」にしか見えなかったとか・・・?
当たっているだけに、「・・・・」ですが、人は見かけによらないものですよね!?
いや、でも沢山の人を見慣れている「客商売」の人たちだから、見る目は確かかも・・・。
ますます、「フクザツ」な心境・・・。

スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

春の帰国も良いですね~

食いしん坊の私は、帰国するなら「秋」の頃!と勝手に決めているのですが、patjalさんのイチゴ狩りと温泉を見たら、「春」もいいなぁ~、なんて^^。
確かにどちらもインドでは難しいですよね。
タイに行ったとき、ホテルでバスタブを使ったのですが、あまりの気持ち良さに、「あ~、私って日本人だわ~」と実感しました。これが温泉だったらどうなってしまうんでしょう^^;。笑
最後のpatjalさんの「フクザツ」な心境、、、、すみませーん、笑わせていただきました。

Pumpkin-R さま

秋の味覚と言えば、「栗」と「松茸」ですかね~?でも秋は他の食べ物も美味しくなるので、確かに、秋の帰国もいいかも・・・。
たまに旅先でお風呂に浸かると、この上ない幸福を感じますよね~。やっぱりこうでなくっちゃ、と。
笑って頂き、良かったです。これからは笑いを取るブログに路線変更しようかな・・・?(笑)

私も果物の中では、イチゴが一番好きです~!ブダペストでは幸い旬には手に入りますが、それでも日本の美味しいイチゴには及びません。私もイチゴ狩りに行ったら絶対10個なんかじゃおさまらないと思います!
梅園、きれいですね。何年も日本の桜を見ていないので、こちらの桜もどきで、キレイだ、って思ってますけれど、日本のものの画像を見ると、ああ、こんなキレイだったんだ、って思います。
確かに昨今、母子家庭も増えてますから、微妙な質問ですよね~。でも田舎のヒトは、そんなことも考えず、「お父さんはいるもの」前提なのかしら・・。あるいは、おっしゃってるようにpatjalさんがのーてんき親子に見えたのか?・・・。(笑)

きち さま

良かった~。10個じゃおさまらない人が他にいて・・・。(笑)
日本のもののようないちごって日本だけなのでしょうかね?品種改良の賜物ですかねえ?
シンガポールで米国産のいちごを買い、うっかりトランクに入れてチェックインしてしまったのですが、全く無傷だった時には驚きました。日本のだったらつぶれて荷物がとんでもない事になるとこでした。自分の荷物だけじゃなくて人様の方にも被害が及んでいるはずですよね。美味しいのに・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/175-6039954e

entry_header

この記事に対するトラックバック

緑の手

皆さんは、植物育てるのお得意ですか?フランス語で、「植物を育てるのが上手い」という形容をするのに、「緑の手を持っている」という表現があります。河童でも、エイリ

  • よーなぽとinハンガリー
  • * 2006/04/28 18:37

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。