entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/03/04 (土) 21:47

引き続きマダ~ムなお買い物

ここのところ、連日家に業者を呼んではオーダーでお買い物、という珍しくマダムな生活どっぷりの私。
またまた呼んでしまいました。
今度はレザーの業者。
というのも、理由は二つ。
今月一時帰国を予定しているのですが、東京はまだまだ寒いと聞いているのに、着るものがないという切羽詰った理由が一つ(ちっともマダ~ムじゃありませんね。着るものがない、なんて。)
もう一つはご帰国の決まったマダムへの送別の品の候補の一つにオーダーバッグが挙げられて、試しに私がオーダーしてみる事になったこと。

「日本人マダム御用達」のレザー業者は何人かいるようですが、だいたいが寒い地方の人たちなので、デリーが本格的に暑くなる(3月末頃です)前に地元に帰ってしまうということもあって、呼んでみました。

サンプル2


皮のサンプルと、デザインのスクラップブック持参です。
メインは羊皮。(インドですから。)

サンプル


サンプルその2。

Sameer


最近評判がいいという、業者です。
この画像では赤目でいまひとつですが、長身で頭が小さいなかなかのイケメン、Sameer (サミール)君。
日本の芸能界に連れて行ったら売れるんじゃないか?ちょっと売り込んじゃおうか?などと思うくらい(勿論冗談)です。(残念なことにコネもないしね。)

インドは美男美女が多いというイメージを抱いている方も多いかもしれません。
けれども残念ながら普段生活していて、あまりそう感じることはありません。
人の顔の事をとやかく言える立場にはありませんが、東京を歩いていたって「キムタク」が沢山いる訳ではないし、ソウルに「ペ・ヨンジュン」が沢山いる訳でないのと同じことです。(ヘンな例えですみません。)
ただ分母(人口)が多いので、「美形」の絶対数も多いのかな、と思うことはありますが。

今回はハーフコートとバッグを1点ずつオーダーしました。
日本に帰るので急いで作ってくれる?とお願いすると、彼もまた20日には故郷カシミールに帰ります。と。
「家族が淋しがっているので。」と言うので、「奥さんとお子さんのこと?」と聞くと、「僕はまだ独身です。24歳なんです。」と。
「あら、そう。それじゃご両親ね?」と言うと、「両親と兄と妹。兄は結婚しています。」とのこと。
思いのほかよく喋る人でした。

「日本に帰られたらもうインドへは戻って来ないのですか?」と言うので、(せっかくの新しい顧客(いえ、カモってこと?)なのにって事かしら・・・)
「2週間で戻ってくるわよ。」と言うと、ニッコリ。
「そのあとは何年くらいですか?」と言うので、
「2~3年かしらね。」と答えておきました。

コートはスクラップから選び、バッグは手持ちの「キ○ムラ」のバッグを渡して、「こういう風なのね。」とお願いしました。
そのバッグを見て、
「誰が作ったんですか?」と。
「日本で買ったのよ。」と言うと、
「僕はこれより上手に作れます。これいくらだったんですか?」と挑戦的な発言。凄い強気。本当かしら?キ○ムラのバッグなのに・・・。

2000ルピー(約5,400円)で作るという彼に本当の値段など言えるはずもありません。次から値段が上がったら大変だものね。
「忘れちゃったわ。高かったと思うけど。」と言うと(大嘘)
更に「4000(ルピー)ですか? 6000(ルピー)ですか?」と。
「(まだまだ甘いわ。そんなに安くないよ~)」と内心。

コートは3~4日で必ず作るけど、バッグの方は保証できません、帰る間際だから。とのこと。
同じ理由で、「ショールも是非見てください、お安くしときますよ。」と。
「他のマダムには1,800で買ってもらったんですけど、1,000にします。こちらのは700でいいです。そのかわり、他のマダムには内緒にしてくださいよ。」と言うのを、
「800にしてくれない?」
「2枚なら」
「1枚でいいんだけど」
「わかりました。」

えらくあっさり・・・。あれ?まだぼられている、私?。
最初700と言った方も「500で1枚どうですか?仕入れ値は450なんですけどね」と。(ほんまかいな?)
結局2枚買いましたよ。
どっちがウワテだったのでしょうね?多分業者、サミール君の方でしょうけど・・・。

こういう買い物をすると、結局どこまで行っても、ぼられているんじゃないか?と疑心暗鬼になってしまうのが嫌なところ。
どんどん疑り深い人間になっていきそうで・・・・。
自分で納得して買わないとね。



スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

こんにちは、macheriです。
バッグをオーダーされたのですね☆
出来上がりも是非見せて頂きたいです。
私までワクワクしてます^е^

マダムさま~!

きゃ~マダム生活だわ~。
しかもイケメンが来てくれるなんて、私だったらいっぱい頼んじゃうかも(笑)!
今度はエルメスのバッグを渡してこういうの!って言って、日本で売りさばく・・・捕まるちゅ~ねん(爆)。
でもキタムラのバッグの値段でも彼にとっては鼻血ものだと思うのですが、エルメスの値段なんて聞いたら卒倒でしょうね。
同じ手作りなのにな~。
値段は難しいですね。値切ったつもりでもあっさりそれでって言われると、損したような?!
できあがりのアップを楽しみにしてしてま~す。

マダ~ム

サワディ~カ~ マダ~ム
すごいなぁ・・・

 ・・・・・・・オーダーなんて・・・しかも、今度は革製品?

やっぱりマダ~ムやね・・・・しかも、しっかり値切ってる・・・

よっ!マダムの鏡、もっと値切れ!相手はインド人だ、絶対に損する商売はせんって。。。。

コメント返し遅くなり、すみません。

macheri さま

結局今回はコートしか出来てこなかったのですよ・・・。次回必ず作るから、と言ってました。故郷に帰って6月の末か7月にまだデリーに来るって言っていました。


bonbon さま

そうですよね~。Sameerくん、エルメスの値段しっているかな?確か、インドにはエルメスはまだ入っていなかった筈。
同じような物を作って欲しい場合、手持ちのバッグを預けるので、「もしも」のことがあっても(インドだし、紛失などではなくても、すご~く汚れて帰ってくるとか・・・)あきらめられるものしか渡せませ~ん。もともとバーキンとかケリーとか高いバッグ持ってなかったっけ!?あれ!?
出来上がったのはコートだけですが、近々UPしますね。


takoome さま

細かい所での工業化がまだまだなインドは結構いろいろなオーダーがフツーにあります。といってもある程度の暮らし以上の人が利用するのでしょうけど。
値段決めの駆け引きはなかなか上達しませんね~。日本人マダム達は一般的に大人しい方が多いので、私はこれでも(頑張って)値切っている方かも・・・。
でもインド人には勝てないと思います~(笑)。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/161-9beda23d

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。