entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/01/27 (金) 01:54

Tea 講座

「在デリー日本人御用達」の紅茶店、Mittal Store (ミッタル・ストア)のミッタルさんを講師にお招きしての「美味しいお紅茶の入れ方」講座に参加して来ました。
とあるお宅を会場にお借りしての催し、タイトルといい、雰囲気といい、優雅なマダ~ムという感じを受けるかも知れませんが、勿論いつもこんな事をしているわけではありません、残念ながら・・・。

Mr. Mittal


Mr. Mittal.
ショップの方でいつも買い物の相談に乗ってくれます。
各種紅茶のほか、インド料理に欠かせないスパイス類も扱っています。

White Tea


説明を聞きながら、3種のお茶をテイスティング。

① White Tea
② Assam Tea
③ Hibiscuss & Lemon Grass Tea

上はホワイト・ティーの茶葉。
お茶の木の先端「bud(芽)」の部分だけを使った高価なお茶。
紅茶のように発酵させたり、緑茶のように燻蒸したりというプロセスを経ていないのが特徴。
熱湯を注ぐと、茶葉が垂直に立った状態に。その後まっすぐに沈んで行きます。
ミッタルさんは「海の底のよう」と表現していました。

White Tea 2


お湯を注いでも、他のお茶のように、葉が開くということはないそう。
三煎目までた楽しめるとのこと。

お味のほうはかなり、きりりとした苦みの強いお茶です。
煎茶のように、苦みの中に甘みが感じられることはありませんでした。

ミッタルさんによれば、煎茶を飲みなれた日本人には飲みやすいはず、とのことでしたが、逆に煎茶に親しんでいるからこそ、好みが分かれるのでは、という気がしました。
体には良いとのことです。
 
Assam Tea


アッサム・ティー。
日本でも一般的ですよね。
ミルク・ティー向きのどっしりとした味わい。

紅茶が濃い、苦いと感じた時に取るべき手段は

① 少量の甘味料(砂糖、蜂蜜など)を加える。甘くする為でなく、あくまでも苦みを和らげる意味合い。
② ミルクを加える。
③ お湯を加える。

だそうです。逆に味が平板なときはレモンを加えるのだそう。

3つ目のハイビスカス&レモン・グラス・ティーは画像をすっかり忘れました。(食べ物、飲み物が絡むとすぐに忘れてしまいます。)
濃いピンク色の酸味の強いお茶です。
ビタミンC たっぷりで、血圧を下げる作用があるのだとか。
色と言い、味と言い、「ローズ・ヒップ・ティー」によく似ていると思いました。

Tea 講座


紅茶に適した水のお話も。
塩素なし、低塩分、含有物なしの水の沸かしたてを使うべし、と。
沸かしすぎ、沸かし直しは、せっかく含まれている酸素が減少している為NG.

世界の各種の茶葉を取るお茶の木の名は ”Camellia Sinehsis".
「カメリア」って、椿の仲間だったんでしょうか?
そういえば、つるりとした葉の形状や大きさこそ違うとは言え、花の形も似ていますよね。

High Tea


お話を聞いた後は、High Tea.
手作りのお菓子がずらりと・・・。(私が作ったものはありません・・)

High Tea


マンゴーのデザートを作ってくださった方も。
もう出回っているそうです、マンゴー。
探してみなくては。

High Tea 3


美味しい紅茶とお菓子で、聞いたお話をすっかり忘れてしまいそうでしたが、大丈夫、ちゃんとメモを取りました。
今ではコーヒーも飲むようになったとは言え、もともと紅茶党だった私。
インドに住むことになって、いろいろな種類の紅茶がより手軽に飲めるようになりました。
日本に帰ってからのことが今から不安に・・・。
日本に帰りたくなくなってしまうかも・・・いえ、さすがにそれはないかな。


スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

こちらはリプトンしか・・・

サワディ~カ~
紅茶、いいですね、
それ以上に・・・お菓子に果物、絶景かな~
タイにはリプトンしかない・・・・、いえ、トゥワイニングもフォーションも・・・って、う~ンと唸ってしまうものしかありません。
日本ではいろんな紅茶、買えましたけど、タイでは無理です。不味い(;O;)
コーヒー派じゃなかったのに、コーヒー飲んでます。
来週、丁度パンプキンさんと入れ替わりに、主人がインドです。お土産は"紅茶"って注文してあります。さて、どんなのを買ってきてくれるのやら・・・・、

takoome さま

タイは紅茶、充実していないんですね?
現地のポピュラーな飲み物と言ったらどんなものなのでしょう?

インドの紅茶は本当に種類が豊富なので、是非旦那様にいろいろお土産買って頂いてくださいね~。

本当ですね、当てにしないで待つがよろしいね、
ここでは・・・人口甘味料か水です。
食事にコーラは未だにあきません。

チャイは手に入りますが、紅茶はありません。でも、お金持ちのインド人が沢山いるのだからあるはずなんですがね、。(多分、私には見つけられないんだと・・・)

takoome さま

そうなんですか~。タイ独自のお茶って、確かに聞かないですもんね。
タイ料理には何が合うのでしょうね?
ビール?お茶だったら、中国茶?

タイにもお金持ちのインド人、いるんですね!?
シンガポールみたいに「リトル・インディア」があるのでしょうか?

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/140-0b29dea7

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。