entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/01/19 (木) 21:26

Delhi Metro~デリーの地下鉄

デリーでは今地下鉄の建設が進められています。
1998年10月1日に着工し、2021年に完成予定という壮大なプロジェクト。
現在はphase1まで終わっていて、予定全長244.86Kmのうち、62.16Kmが開通しています。

普段の生活圏に地下鉄が通っていないということ、移動はもっぱら車ということのため、これまで地下鉄に乗ったことはありませんでした。
この地下鉄事業には技術面、資金面双方で日本が援助をしています。
そのような経緯もあり、特別に日本人の担当の方にガイドをお願いしての「デリー・メトロ・ツアー」に参加してきました。

Delhi Metro


参加者20人ほど。
デリー中心部のCentral Secretariat(セントラル・セクレタリアート)駅から乗ります。

Delhi Metro 2


改札前のセキュリティ・チェックは厳重。
本来は撮影禁止ですが、この日私たちには「VIP待遇」で、特別に許可が出ました!
「インドにもこんなところが!?」と驚嘆の声を上げながら、写真を撮る私たち。
ただでさえ、日本人20人あまりの集団は目立って注目を浴びているのに、この行動で、「きっと日本には地下鉄がないんだろう。」と思われているかもね、と笑いました。

Delhi Metro3


表示も分かりやすい。
韓国、日本などの協力で最新の技術で作られている為、どこもかしこも先進的。
開発途上国の片鱗も見受けられません。

Delhi Metro 4


現在までに開通しているphase 1
工事の経過などを説明していただきました。

Delhi Metro 5


予定完成路線図。
全線開通すれば、かなり便利になります。

Delhi Metro 7


資金面では64%が日本からの円借款によるもの。
図のグリーンの部分です。

Delhi Metro 6


立派な説明パンフレットを頂きました。
載せてあるカードはプリペイドカード。100ルピーで110ルピー分使え、なくなればチャージも出来ます。
丸いコイン状のものは1回乗車用。
窓口で購入。距離によって6~18ルピー。
どちらも自動改札にかざして通ります。
出るときは1回用は回収するスロットに入れて通ります。

これを見て、以前住んでいたソウルの路線バスのtoken(トークン)を思い出しました。1円玉を一回り小さくしたようなものをバス停脇の売店で買っていました。
乗車時には料金箱に1個を投げ入れるように。
ですが、韓ドラ、「冬ソナ」で、プリペイド・カードで乗っているのを見て、(高校生の時のシーンではトークンが出ていたかも)韓国も変わったのねえ、と思ったのでした。

Delhi Metro 8


車内。
シートは硬いベンチ状、つり革は真ん中に配されています。

Delhi Metro 9


路線によってはかなりの乗客が。
セキュリティー上の理由で各車両に警官が乗り込んでいるそうです。(一番左の黄土色の制服の人)

今は5分間隔での運行。将来的には山手線(東京の)くらいの頻度で、とのことでした。
夏の暑いデリー、エアコン完備、電圧も日本に比べてかなり高いものが使われ、携帯電話もO.K.
停電の影響もないようにバック・アップ体制も万全だそうです。
快適な空間になっているので、1回の運賃で乗りっぱなしにならないように、改札を通ってから出るまでの時間制限があるそうです。

Delhi Metro 12

車内の運行区間図。
反対側はヒンディー語版でした。

Delhi Metro 10


Rajiv Chawk駅で一度降り、駅を見学。

Delhi Metro 18


後から付け足して路線を増やした東京の地下鉄は地下道が入り組んでいて迷路のような所もありますが、ここは最初の段階なので、乗り換えも分かりやすい。
自然光を取り入れるような建築で明るい雰囲気です。

Delhi Metro11


エスカレーター。
日常着にサリーやパンジャビ・ドレスなど、民族衣装を身につける人の多いインド。
サリーを巻き込まないように、エスカレーターにブラシのようなものが取り付けられています。

Delhi Metro 13


ホームのモニター画面。
これを見ていて後ずさりし、線路に転落した人がこれまでに2人いるそうです!!

Delhi Metro 14


Chawri Bazar駅で途中下車。
ここはオールド・デリー。
車の入れないような細い道が入り組んだデリーの古い部分。
超近代的な地下から上がってきた目の前の風景にタイムスリップでもしたかのようなフシギな感覚に襲われました。
あちこちから喚声が。

Delhi Metro 15


自転車タクシー、リヤカーの行商人、牛、人などで混沌としています。

Delhi Metro 16


行商人に連れられたロバ。

Delhi Metro 17


アイルランドの視察団(VIP)が先ほど乗車した駅に到着するのと重なるとの事で、一駅前で下車。
ここはまだ工事中でした。

この地下鉄によって、バスなどに頼っていた移動手段が分散され、道路の混雑の緩和、大気汚染の減少などに繋がるそうです。

先進各国の最先端の技術を駆使した、最新の設備と、著しく立ち遅れた部分の混在するデリーを同時に体験した半日でした。
オールドデリーの町並み、雰囲気が近代化によって失われてしまうのは淋しいとの声も上がっていました。
確かに、全てが近代化されたデリーでは面白みに欠け、先進国と全く同じになってしまうのは勿体無い気がしますね。


Delhi Metro Rail Corp. Ltd.
http://www.delhimetrorail.com
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

すっご~い!

インドに地下鉄が走ったんですか!?
想像できな~い。
地下鉄とリキシャとロバと牛が同次元にいるところがすごいですよね(笑)。
インドも近代化ですか。っていってもデリーだけですよね?
うれしーような、さみしーような。
そうそうpatjalさん、ご迷惑でなかったらリンクさせていただいてもよろしいですか?

bonbon さま

デリーにゴミ一つ落ちていない公共の場所があるなんて、ホテル以外、考えられませんよね!?
地上とのあまりのギャップに混乱してしまいそうでしたよ。
田舎の方はまだまだのどか~なんだと思います、きっと。
電気も水道もない所の方がまだまだ多い国のようですから・・・。

リンクの件、「ご迷惑でなかったら・・・」なんて、そんな、とんでもないです~(笑)
こちらこそ、オシャレ~なワンちゃんのサイトにリンクなんて申し訳ない感じですが、こちらからもはらせていただきました。
今後とも宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

写真撮影うらやましい!

patjalさん、こんにちわ♪
メトロツアー面白そうですね~、私は以前乗ったことが合ったので参加しなかったのですが、写真撮影OKなら行くべきだった・・・自分で行ったときは、柄にもなく隠し撮りもせずに終わりましたよ。

バンコクは去年です。

サワディ~カ~
こちらは去年、同じく一部、地下鉄が開通。
穴、掘るのは日本のODAで電車はシーメンス(独)、あわよくば電車も日本って考えていたらしいですが・・・・
そちらの地下鉄、コイン型チケットといい、BKKと同じようなものですね、

暑い時期、地下に非難してくる人たち・・・・いません?

わー、すごい。最先端ですね。
電車の中も美しいです。モニターにビックリした人がいたっていうのは面白いですね。

最後のオールドデリーの部分、
やはり同じ国とは思えないほどですね。
リヤカーなんかも味があってよいと思いますが。

 

ナオミ さま

確かに、撮影許可が出たのは「想定外」でluckyでした!でも、当日現地で知らされたので、カメラをお持ちでないマダムもいらっしゃいました。それでも持っている方も多かったかな?私は「デカケルトキハワスレズ二」(古い?)なので、狂喜乱舞(大げさ)して撮りまくりました。
でも、ナオミさん、朗報です!もう一度同じ企画があるようですよ。2月の末くらいを予定していると聞きました。ウェイティングの方優先、その次は初めて参加の方とのことなので、コンタクトとられてみては?空きがあればもう一度参加したいくらいです。 
こちらからもTBさせて頂きました~。


takoome さま

試乗の時にタイの話も出ていました。去年なんですね。デリー駐在の方々は休暇でバンコクに行く人が多いので、タイの地下鉄と似てる~という声があちこちから。
エアコン普及率が低いので、避暑が目的の乗客を減らすため、改札から30分以内に出ないと追加料金、と聞きましたよ。
バンコクはどうですか?

ぽんち さま

そうなんですよ。東京の地下鉄よりよっぽどきれいで、近代的です。
新しく作られたものって、そうなるんですね。
街はオールドデリーのような、スゴイ所もありますが・・・。

バンコクは・・・・

そんなのないですよ、
大体、改札口が地下2階です。
地下に向かって下りていくだけで、ヒエ~ヒエ~なのです。人通りの少ない所は、注意されるのでしょうが、サンデーマーケットの中の駅なんぞ、 避暑が目的の人でいっぱいです。
そこでは、誰も何にも言いません。

takoome さま

そうなんですか~。
一番暑くなる時期は地下が込み合いそうですね。
バンコクもエアコンのない家が結構あるのでしょうね。
涼しい所に自然と集まってしまうのは何となく分かる気が・・・。

こんにちは!

すごい!モダンな地下鉄ですね~。
こんなにきれいな公共の乗り物、ムンバイでは考えられないです、、。


リンク完了

ご紹介とリンク完了しました~。
これからもますますよろしくです~!!

すごい!!

デザインも素敵ですねー。
駅の地図も見やすそう。東京の地下鉄なんて、未だに迷いますからねえ。
車内の写真を見て思ったのですが、皆さん立っていらして、座席に座っている人はあまりいないのですか?

エスカレーターに巻き込み防止のブラシがついているのは、画期的ですね。日本にも付かないかな。
でも、モニターで転落事故とは可笑しい・・。私もやりそうですが。

Pumpkin-R さま

デリーでもこんなに桁違いにきれいなのは、この地下鉄だけですよ~!
路線バスなんてムンバイ以上に恐ろしくボロボロなのが多いです。
最近、料金の高い少しきれいなバスがでまわっているようですが。
ムンバイの方が所得の高い人が多いとも聞いているので、何かきれいなものができるといいですよね。


bonbon さま

リンク&素敵な紹介文ありがとうございます!こちらこそ、今後共宜しくお願いします。


ぜろ さま

この写真ではたまたまシートが空いていますが、他の車両、路線はみんな埋まっていました。日本とあまり変わらない車内風景です。巻き込み防止のブラシは日本のにも欲しいですよね?「和服やロングスカートのすそを巻き込まれないように・・・・・」というアナウンスはあったりしますけど、ブラシはないですものね。

こんばんわ!只今ブログのデータお引越し作業中です。以前こちらの生地にトラバさせていただいたのですが、新しいブログに移したので、再度トラバさせていただきました。旧トラバはリンクエラーになってしまうと思いますので、もし気になるようでしたら削除してください。ではでは~。

v-22ナオミ さま

お知らせありがとうございました!
お引越し大変ですね。
以前のTB はやはりリンクが切れてしまったので、削除させて頂きました。

ブログで紹介させていただきました

Patjalさま

小生、10年ほど前にデリーに住んでおりました。
この2月に10年ぶりにデリーを訪問し、地下鉄に乗って感激しました。

このブログでは、写真を多数撮影されていてうらやましいです。

小生のブログ「グレートノーザン鉄道」にインドの鉄道について書いております。その中のデリー地下鉄の記事に、勝手ながらこのブログのアドレスを紹介させていただきました。ご了承いただければ幸甚です。

また、是非、小生のブログにもおいでください。お待ちしております。

コメントありがとうございます。

v-22Jackおじちゃん  さま

きっと10年前と今のデリーでは大きく違う所が多いのではないか、と思います。

ブログの中でのご紹介ありがとうございました。
この時は特別なツアーだった為、写真撮影が許可されて、ラッキーでした。

もう1年以上も前のこと、というのが信じられない気がします。(工事の進み具合を考えても・・・笑)

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/138-e90f49a0

entry_header

この記事に対するトラックバック

それ行け鉄ちゃん!デリーメトロ乗車体験

デリーメトロが出来たのって、今年の4月くらいでしたっけ? まだまだ建設中でもっと広域まで延びるそうですが、とりあえずデリー市街地を中心にイエローライン、レッドライン、ブルーラインの3本が開通しています。カタカナの「キ」の字のように延びており、縦に延びてい

  • Small About India
  • * 2006/10/12 06:29

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。