entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/01/19 (木) 01:23

マーケットでのローカルな買い物

インドに来て初めてインド人のゲストを夕食にお招きする事になりました。

四人のゲストは全員ノン・ヴェジ。
断食でもno alchol day でもないので、メニューの制限がなく助かります。
ヴェジタリアンの中でも厳格な部類の人は、肉、魚が調理されたキッチンで調理されたものも口にしなかったり、ノン・ヴェジであっても、特別な方法でと殺した肉のみ食べるという人など、いろいろな人が集まっているインド。
食事やお酒を共にする事で親しさが増したり、ビジネスの話が円滑に進んだり、ということは日本などではよくあることですが、インドの場合個々人によって食生活がかなり違うことがそれを妨げているという人もいるようです。

インドに来て、自宅でインド料理をするのも初めてです。
メイドにゲスト用に何か作ってくれる?と聞いてみるとO.K.という返事。
昨日の晩メニューを考えてもらい、今日の午後一緒に近所のマーケット(A block market)に買い出しに行きました。

メニューはバター・チキン、パニールと豆のカレー、野菜の炒め物、サラダ。

肉屋


ローカルの肉屋。
豚や牛が殆ど流通していないデリー。
売られているのは鶏肉と、マトン。
鶏肉はなぜか皆、皮が剥がれています。
野菜や果物は各マーケットや、道端でも売られていますが、肉屋がないマーケットもあります。

肉屋2


殆どの日本人が鶏肉を買うのは多分、別の所なのでしょうけれど、今日はメイドのいつも買うという店で買ってみることに。
鶏二羽分を骨付きのままぶつ切りにしてもらいます。
140ルピー(約350円)

Sweets Shop2


インドのお菓子の店。
パニール(インド版クリームチーズ)とお菓子を買いました。
パニール 28ルピー(約70円)
お菓子詰め合わせ500グラム 70ルピー(約175円)

Sweets Shop


ウィンドーに並んだのはミルクと砂糖を捏ねたお菓子や、ナッツ類のお菓子など。
どれもとにかく甘いのです。

Sweets Shop3


きれいに形作ったお菓子も。左はイチゴの形。
このほかに揚げ菓子などもあります。
でも、どれもカロリーが高そう。
インド人に太った人が多いのはこのせいもあるのかな。

Spices 2


インド料理に欠かせないスパイスも。
粉末になっています。
ヒンディー語で書いてあるので何が何だか・・・

Spices 1


箱の反対側は英語。
でも、アルファベットで書かれていても、「ジーラ」「ラール・ミルチ(?)」などの単語はヒンディー語。
左から「クミン」「赤唐辛子」「コリアンダー」。
クミンだけが37ルピー(約92円)他は13ルピー(約33円)程。

Liquar Shop


インドのビールを切らしていたので、初めてリカーショップにも行ってみました。
インドのビールといえば、Kingfisherがポピュラーです。
もともとno alchol dayがあるほどのお国柄、飲酒に関しては決してオープンとは言えないようです。
本当は女性一人でお酒を買いに行ったりするものではないのだそうです。(前にそういう話を聞いた事はあったのですが、別に大丈夫とも聞いたので、一人で行ってしまい、そのあと、やはりやめた方が・・・と聞きました・・・。次からはドライバーについてきてもらうか、買ってきてもらうかしないと・・・)

Liquar Shop 2


地下の倉庫のような所にあります。
他の店だと、断らずに写真を撮っても大丈夫な雰囲気ですが、ここはやはりちょっと流れている空気が違います。
「撮ってもいいですか?」と聞くとO.K.と言われたため、撮影。
「個人的に使うだけにしてくださいよ」と言われてちょっとびっくり。
「大丈夫。日記に使うだけだから。」と答えておきました。
別に違法営業というわけでもないのでしょうけど、どうしてなんでしょうね。

Liquar Shop3


地上の入り口からして、インドに来たばかりなら絶対に入ろうとは思わない雰囲気を漂わせています。

milk2


メイドが「パニールと豆のカレー」用の豆が必要というので、外出の帰りに買いに寄りました。
メイドに聞いた時は何でそんな所で豆を?と思い、ホントに売ってるの?と念を押しました。
その場所は「牛乳」のスタンド。
Mother Dairy(マザー・デイリー)はデリーで一般的な牛乳ブランド。
あちこちのマーケットにスタンドがあります。
ロングライフでない、フレッシュミルクはビニール袋に500mlずつ密封されています。
脂肪含有率別に4種類あり値段も違います。安い(脂肪の少ない)もので、500ml 6.5ルピー(約17円)ほど。
そのまま飲めるわけでなく、自分で煮沸しなければならないのが面倒な点。
我が家の子供、日本では牛乳好きだったのですが、インドの牛乳は味がいやだとかで、殆ど口にしません。成長期なのに、やれやれです。

milk


自分の容器に汲む方式の牛乳自販機。

Mother Dairy


朝と夕方のみの営業。
夕方は4時から。
4時過ぎに行ったら、お客さんの列。
目的の「豆」は冷凍でした。
アイスクリームが美味しいので、おやつ用に購入。
チョコレートフレーバー1カップ100ml入り 13ルピー(約33円)

普段の買い物とは違うものを買ったので、何だか新鮮でした。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

リカーショップ

写真の酒屋、Cブロックマーケットのですよね、私もよく立ち寄りますよ~。写真にも写っている黒い角瓶はラムなのですが、200Rsなのにおいしいですよ。コーラで割ってラムコークに。そういえば酒屋にはいつも自分で行ってるかも、どんな銘柄があるのかチェックしたいですし。

ナオミ さま

こんにちは。
そうです。C block marketの裏の所のです。ナオミさんの所からだと遠くないですか~?
ラムなんてあるんですね!ラムコーク、美味しそうですね。インドのお酒って言ったら、ビールとワインとシャンペン(しかもよそのお宅で・・)くらいしか飲んだことなくて・・・。今度トライしてみます。

遠いですよ~。日曜のテニスの後ゴールデンドラゴンやS&Mに食事に行くので、そのついでに寄ったりします。このラム、old monkという名前でムンバイの方では12年物もあるそうです。デリーでは7年物しかみたことがありません。軍人愛飲らしく翌日に残りにくいので、是非がぶ飲みしてください、な~んて♪

ナオミ さま

軍人愛飲ですか!?
我が家の2~3階に住むオーナーは「退役軍人」だそうなので、上で飲んでいるのかしら!?な~んてね。

ムンバイにはデリーにない12年ものがあるのはどうしてなんでしょうね?
それにしても、ナオミさんの情報力スゴイ!びっくりです。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/136-738a7bef

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。