entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/12/27 (火) 21:14

身の回りの犬

要注意! 記事中にお見苦しい画像が含まれています。何か召し上がっている方は後程いらして下さると嬉しいです。


おばあちゃん犬


以前にも登場した、わが家のオーナーのおばあちゃん犬。
朝晩は一桁台まで冷え込むようになったデリー、服を着せてもらったようです。


上階に住むオーナー夫妻は家の中でもう一匹飼っていますが、彼は一日の殆どを室内で過ごす、お坊ちゃま犬。「深窓の令嬢」の男の子バージョンって何て言うのでしょう?そんな言葉自体ないですかね。
そんな彼の姿を目にするのは、テラスから下界(?)を見下ろす姿か、お散歩前後のリードにつながれ、使用人に連れられて、いえ、使用人を従えて?2階から降りて来る姿。


Rusty 2


オーナー夫妻の使用人と。彼が散歩など、世話の担当のよう。
「お座り」をさせて見せてくれました。
後ろの青いベストが庭師。


そこで、私達犬好き親子の「マスコット犬(?)」と言えばもっぱら年がら年中外にいる「おばあちゃん犬」の方。
野良犬と見分けが付かない程の風貌(汚れ加減も)なので、決して手を触れる気にはなりませんが・・・。

それにしても、同じ飼い犬なのに、あまりにも待遇が違うようなのが、気になってはいました。
「おばあちゃん」の方はオーナー夫妻にも、使用人たちにも構われている様子はないのですが、一方の「お坊ちゃま犬」は「箱入り息子(そんな言葉もない?)」そのもの。
オーナーのマダムも「この子はホントにやんちゃで・・・」と目尻を下げっぱなしです。

ここに来た当初、「おばあちゃん犬」の居場所が隣家にもあってしょっちゅう出入りしているのを見て、てっきりお隣の飼い犬が我が家に時々遊びに来ているのだとばかり思っていました。
何を隠そう、我が家の庭の芝生で転げ回るのを見つけて、追い払った事すらあるのです・・・(門番に「この犬お隣のよね?」と聞いた所、「そうです」と答えたので・・・)

何ヶ月たっても誰かに名前を呼ばれている様子がないので、私達は勝手に「おばあちゃん」と日本語で呼んでいますが、それを名前と思ってか、尻尾を振ることも・・・。
 
10月の末にオーナー夫妻にディワリ(ヒンズー教のお祭り)のギフトを届け、お茶をご馳走になった時に、
「御宅のワンちゃん、何ていうお名前ですか?」と聞いてみると、
「ああ、あれはラスティーですわ。」と廊下の向こうにいるお坊ちゃま犬の方を見ながら、奥様。またも目尻が下がって・・・。かわいがっていらっしゃるのがわかります。

「もう一匹のお庭にいる方は・・・?」
と更に聞くと、一瞬の間があって
「ああ、あれね。あれはいつの間にか居ついただけで、名前なんてありませんわ。」と。
「・・・・え? そうなんですか・・・」

インドに来て大抵の事には驚かなくなっている私ですが、これには一緒にいた子供共々とてもびっくり。
でも、それで、全てのナゾが解けた感じも。


Rusty


「お坊ちゃま犬」 Rusty.
この画像だと、鼻デカに写ったラブラドール・レトリーバーにも見えますね。
実際の彼は白にベージュのブチ。雑種?
インドの富裕層のペットと言えば、一目で純血種とわかるものばかりですが、オーナー夫妻はこだわらないのでしょうかね。
それとも、私が知らない犬種なのかな?どなたかご存知でしたら教えて下さい。



おばあちゃん犬3


服はRustyのお下がり?



おばあちゃん犬、朝はお腹をすかせて、メイドが外に出したゴミをあさる事なんてしょっちゅうです・・・。
今日もまた・・・Oh my God!と言う感じ。
ですが、このお掃除の役目は庭師。気の毒です・・・。

おばあちゃん犬2


ここの所朝は寒いので、おばあちゃん犬も気の毒というのもあり、パンやビスケットなどあげてみました。
昨日は満足してゴミあさりをやめたおばあちゃん、今日は再びゴミの方へ・・・お腹がすいているのでしょうね。

この犬が誰かから直接何かもらっている所を見たことはないのですが、ウチのメイドによれば、残り物をもらっているとの事。「何でも食べますよ~。」と。
けれども、奮発したつもりであげたThe Grand(ホテル)のパン(我が家で食べ切れなかったもの)はくんくんと嗅いだだけで素通り。
ビスケットが無くなってから仕方なく、と言うように食べていました・・・。「あれ・・・?」

一度誰かが与えたであろう、残り物の「チャパティー」(小麦粉を捏ねて焼いた薄いパンケーキ状のインド食)を食べている所は見たことがあります。やっぱりここはインド、とそれを見て妙に納得。

ちょっと可哀想な境遇に思える「おばあちゃん犬」ですらよく見ると、街の至る所をうろつく野良犬よりは、肉付きがよく、どこと無くおっとりして見えます。
インドは犬にも幾つかの階層があるかのようです。


スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

おおっ!

インドでも犬に服を着せるのですね。
確かに短毛犬は寒がりなようですからいいかも。私が見たインドの犬はみんなかわいそうなくらいやせこけて路上に寝てましたが、おぼっちゃま犬もいるんですね~(笑)!
うちの犬なんて庶民だわ~(爆)。
おばあちゃん犬も服も着せてもらってるし、路上の犬よりは幸せですねきっと。
私もごはんあげたいところだが、やさしいpatjalさんこれからも時々なにかあげてあげてくださいね。そうそう犬はチョコとタマネギには中毒起こしちゃうのでそれだけは避けて。でもいつもゴミあさりしてるおばあちゃん犬なら平気ですかね(笑)。

確かに貴公子の雰囲気が。

すごい!デリーでも、お洋服を着せてもらう犬がいるとは・・・。さすがイギリスの影響ですかね・・・。今月に入って、来年3月あたりに出る犬の本の編集をしていたので、南町田の犬の散歩のメッカのようなところに行ってみたのですが、ペットショップには、なんと犬用のロイヤルゼリーが!もちろん介護用のおしめもあり、なんだか子供服やより繁盛してました・・・。

かみやん  さま

富裕層のワンちゃんたちは皆なぜか、チェックの服を着せられています。
世話は使用人任せみたいなので、飼い主との関係がどのようなものなのか?と日本人の私達にはフシギです。使用人との距離の方が余程近そうで。

ギクリ。この間、チョコチップの入ったパウンド・ケーキの残りあげちゃいました~。今のところ元気そうですが・・・気をつけます。


NAGA さま

日本のペット・ショップすごいんですね。
犬の本、出来たら拝見したいです。
インドのお金持ちの犬はみんな英国風のチェックの服を着ています。
一種のステイタスなんでしょうかね。

あけましておめでとうございます!

私もデリーで服を着た犬がいることに驚きました。でも可愛い~。
ゴミ箱をあさってる姿なんか、子供時代を思い出しちゃいました。懐かしいな。
当時は、庭から脱走した犬がたまに近所をウロウロしてたので・・・(笑)

チャパティを食べるってのも面白いですねえ。お国柄なのかな。
以前、サンノゼのアパートでご近所さんが飼われている猫に鰹節をあげたら、思いっきり無視されましたよ。こんなもの今まで見たことなかったんだろうな・・・。

今年もよろしくお願いします♪

あけましておめでとうございます。

patjalさん、明けましておめでとうございます。

昨年は、僕がインドへ行く前、いった後など特にお世話になりました。
ほんとうに、大変大変貴重なコメントありがとうございました。

日常生活を忘れるには、日常生活以外の場所へ行くのが一番確実ですね!なのでかえってきたときに、忘れていたものが一気に思い出されて、ゲンナリしますね(日常生活がいやでなくても)。
patjalさんは、インド生活に慣れてきているものの、まだまだ毎日が大変だと思います。
patjalさんにとって、今年一年も健康で楽しく過ごすことができますように。
頑張ってくださいね☆

僕も、今年一年、ブログを通じて、癒しや元気をお届けするように頑張ります♪

今年も何卒よろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

ぜろ さま

こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

そうですか~。サンノゼのネコちゃんはカツブシ無視ですか~?
いいにおいがするので、きっと我慢してたんでしょうねえ~。


loveall さま

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

インドと言っても、デリーの事のみ、それもまだまだちょっとしか知らないので、的外れなコメントだったのでは・・・?とちょっと心配になっていました。

今年もloveallさんのブログ、楽しみにしていますので、頑張ってください。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/120-12dc9cc9

entry_header

この記事に対するトラックバック

[india]明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

To:去年ブログに足を運んでくださった全ての方へ あけましておめでとうございます! 1年間、本当にお世話になりました。 昨年はブログを通じて、様々なコメントをいただきました。 また、実際にお会いさせていただいたこともありました。 僕はそうしたこと全てが、

  • インドでSEとして働くために挑戦中。
  • * 2006/01/02 03:30

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

04 * 2017/05 * 06

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。