entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/12/09 (金) 01:12

ノン・べジのターリーを食べに(Andrapradesh Bhavanにて)

友人マダムたちとの「安ランチ」第○弾!(何回目か忘れました・・・)
10月のSarabana Bhavan(サラバナ・バワン)に次いでの「ターリー(定食)」。
今日はノン・べジ(=ベジタリアンでない、という「インド製英語」。インドは大部分の人がベジタリアンなので、逆にそうでない人をノンーべジと呼ぶそう。)のターリーを食べに、アンドラプラデッシュ・バワンへ。
この店も、教えてもらわなければ、一人でぶらりとというのは、私たちには無理な雰囲気。いえ、教えてもらっても一人では無理かな。

non-veg ターリー


ノン・べジのターリーはべジのターリーにオプションで、チキンか魚のカレーをつけるというもの。
1人前100ルピー也。(約250円)
貧富の差の激しいインド、これでも凄く安い方ではないはず。
現に我が家のメイドの日給の半分以上。ドライバーの日給のほぼ半分弱。ということは、彼らにはきっとここでも高級店なのかな。

Andrapradesh


ここのターリーはおかわり自由。
というより、カレー、ご飯、プーリーなどのインドパン類それぞれの担当のお兄さん or おじさんが巡回していて、ちょっとでもトレーの中身が減ってくると、おかわりをいれてくれます。
遠くからでも目が合うと、「おかわり請求」と解釈され、こちらにやって来ます。
まるで、「椀子そば」ならぬ「椀子ターリー」状態。
「もういいわ」と断ると「え、もう??」と驚きの表情のこともしばしば。そう、インドの人は本当に良く食べる人が多いのです。
1回断っても、再び回ってきて勧められたり、同じテーブルの人がおかわりしたときについでに入れられたり、とサービス精神旺盛(?)なのはどこの店も殆どおなじです。

ご飯


こちらはご飯担当。
勿論細長いインディカ米のぱらぱらとしたご飯です。
洗面器のような器から。

内部


実は、ここに来る事になったときに、連れてきてくれた先輩マダムから、「ミネラル・ウォーターは置いてないから、マイ・ボトル(水の)持参の事」と言うお達しがあったので、いったいどんな所かしら?と戦々恐々でしたが、意外にも明るくて小奇麗でした。

ただ、最初男の人ばかりで、「私たちってもしかして、場違い?」と思いながらも食べていた所、あとから女性のグループ(インド人ですが)も。

pan


料金は前払い、入り口のカウンターで。
その上にあったのはインド版「噛み煙草」(?)のpan(パーン)。
何かの葉にスパイス類がくるんであり、葉ごと噛むのだとか。
さすがに眺めただけでした。

ここのところ、気候も涼しく、ブログに綴っておきたい外出も夏よりずっと多いというのに、なかなか更新が進みません。
というのも、一つには急な寒さ(しかも家の中です・・・。外はそれほど寒くないので)で風邪を引いてダウンしていたこと。
喉から風邪が来る事の多い私、ものすごい声になってしまいました。
電話で話した方からは、「本当に大丈夫?」と心配して頂き、またドライバーからも「お疲れのようですけれど大丈夫ですか?気候が変わる時ですから用心してくださいよ。」と心配されました。
日本ほど寒くないのに、情けない限り・・・。

もう一つは急に翻訳のピンチ・ヒッターを引き受けていたことです。
というのも、本来引き受けた方が、「腸チフス」にかかってしまったということなので。
日本では殆ど耳にしないこの病気、インドではまだまだ多いようなのです。
しかも、日本では「法定伝染病」に指定されていて、感染が確認されれば、隔離されるところ、インドでは「通院」でO.K.なのだとか。
この方の場合は症状が重いのか、入院されているそうですが。
こういう病気は一日も早く減って欲しいものです。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

腸チフスですか…、ツラいんだろうなーと思いますね。
patjalさんも風邪気味ですか?、海外で具合悪くなるといろいろ大変ですよね。

椀子ターリー。そういえばインドの人は顔が濃いめなので、「えっ」となると、
本当に悲しそうに見えるとか、記事に書いてたときありましたもんね。
ちょっとでも減ると足してくるっていうのがホントに椀子ターリーですね。

お大事に。

ぽんち さま

コメントありがとうございます。

そうですね。知人にも日本ではあまり聞かない病気にかかる人もいて、症状も辛そうですが、精神的にもきつそうです。
健康が一番と、心底思います。

ターリーのおかわりは、日本のファミレスのコーヒーのおかわりより余程ワイルドです。おおらかな雰囲気が結構私は好きですけれど。

私はベジタリアン

私ももちろんノンベジですが、インドに行ってチキンカレーを食べた時、羽根が一部ついていて、骨の近くの肉が赤かったのでそれ以来インドではベジタリアンになりました。でもカレーおいしかったなー。
確かに日本では大変な病気も向こうでは日常ですよね。私もアフリカでは日々コレラとかチフスとかありましたが、日本人はいいもの食べてるから大丈夫と言われ、確かにならなかったな。とはいえpatjalさん気をつけてね!

かみやん さま

カレーのチキンに羽が!?それはコワイですね~。今のところ大丈夫ですが、そういうことも覚悟しといた方がいいのかな・・・。
「日本人はいいもの食べている」に深く、そうだよね、と納得したのですが、はたと、この記事のようなレストランで食べているとちょっとあぶないかも・・・と思いました。
完全にローカルの人のお店なので・・・。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://indelhi.blog15.fc2.com/tb.php/107-70a976a7

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。