entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2007/06/06 (水) 04:39

再び病院へ・・・ 総合病院編 Vol. III

子供の怪我はお陰様で悪くなることなく順調に回復しているようです。ただ、この先一体どんな風に爪が再生するのか・・・というのが心配ではあります。(今は全く爪がない状態なので・・・)

通院の必要がなくなってほっとしていた所、今度はなんと私の足の切り傷(ほんの小さいものなので、放置しておいたのです。)から黴菌が入ったようで、発赤、腫れ、痛みなどの症状が・・・。
消毒→軟膏→バンドエイド(どれも日本からの持込)ですぐに良くなると思ったのですが、だんだんひどくなって行き・・・
足の側面の裏に近いところなので、そのうち普通に歩くにも痛みを感じるようになりました。
夜見てみると、傷から足の上の方に向かって網の目状に赤い太い線が皮膚の下を走っています。
その部分は心持熱を持って、押すと鈍痛も・・・。
これって黴菌が回って来ているってこと!?
と、さすがに焦ってしまいました。

去年子供のお友達からやはり足の傷から入った黴菌が足の付け根まで回って切開だか、注射器だかで膿を出すことになり大変だったと聞いたのでなおさら・・・。

学校が休みなので、10時半に呼んであったドライバーに電話をして、1時間早く来てもらえるように頼みました。

向かった先は先日まで子供がお世話になっていたMAX.

予約はなしでO.K.
受付で診察を申し込み、支払い(300ルピー。先払い)。
すぐにコンピューターに入力され、指示された診察室へ。
日本の総合病院だと予約があっても受付から診察まで結構長いと思いますが、ここはとてもスピーディーで助かります。

やはり「細菌感染」。
家の中でも外でも素足にサンダルやミュールだったとは言うものの、はだしで地面を歩いたりはしていないのですが・・・。
怪しいのは昨日行った スキン・クリニック(エアコンがきついのでひざ掛けを借りた)か、スパの足拭きマット?ミュールで埃っぽい外も歩いたし・・・。いや、実際は自宅だったりして!?
疑えるのは全ての場所ということかも・・・
でもいずれにしても、ごく普通の生活をしていただけなのですが・・・。
恐るべしインドの黴菌・・・。

もともとの傷が何で出来たものか、(動物や虫によるものか、どこかにぶつけたか、転んだか?) など質問されました。
本当に単なる擦り傷だったのですが・・・。

ドクター手書きのカルテは病院にデータとして残るのではなく、患者に渡されます。
処方箋も同じ紙に。
病院のコンピューターに残るデータは診察歴(日付やドクター名)と、処置(包帯など)歴のみのようです。
後は院内の薬局で処方を受けた場合はそのデータ。

ちゃんと薬物アレルギーの有無がチェックされ(実は薬物アレルギーあり)、目立つ所に書き加えられます。

後は処置室で消毒→軟膏→包帯、と先日までの子供と同じ処置。
包帯は毎日、自分で替えても良いということで、軟膏も出してもらいました。

クスリ


日本との決定的な違いは、日本の場合、処方された日数、回数分のクスリがきっちりと渡されると思いますが、インドでは販売の最少単位でしか購入できないので、必ずしも回数分ではなく余りが出ることが多いということ。
それで大丈夫なんだ~とびっくり。抗生剤とか、鎮痛剤などの一般的なクスリでなく、睡眠薬などもっと注意が必要と思われる薬の場合でもそうなんでしょうか?
それに日本では、一度処方された薬がなくなって続きをもらう場合、新たに病院で処方箋をもらわなければいけないと思うのですが、インドでは最初にもらった処方箋(返してもらえる)を提示すればまたクスリが入手できるのです。
今日同じ窓口にいた人は、これはあと2個、こっちはあと3個ね、と自分で勝手に増量していました。
薬剤師さんも当然のように渡していましたよ・・・。
意外とアバウトというか、アバウトすぎでは・・・?

あと、日本では必ずある飲み方の指示や、クスリについての説明などもなし。
袋に患者名もありません。
日本だと、袋を見ればどれをいつ何錠飲めばいいのか一目瞭然なのですが、インドの人は間違えないのかしら・・・?
私はゼッタイに間違える、と思ったので自分で袋にメモ。

インドのクスリは総じて日本のクスリより強いという話はよく聞きます。
日本のクスリは急激な効果は期待できないけれど、体に優しいという感じ、インドのクスリは即効性が重要視されているようです。
「細菌の宝庫」といわれる程菌の種類が多いようですし、気候も過酷なので、なるべく短期間で治してしまおう、という考え方なのでしょうか?
前回の子供のクスリもコワイくらい良く効いて、鎮痛剤を飲み始めたとたん、全然傷が痛まないというので、「ひょっとして神経がダメージをうけているのでは・・・?」とひとりで悩んでいたのでした。(夫は国外出張中だし、本人にはそんなこと言える訳ないし・・・「ちゃんと指先の感覚ある??」と何度もチェックしてしまいました・・・)

クスリ2

自分で包帯を変えられるように、病院の薬局になかった消毒薬などを近所の薬局で購入。

滅菌ガーゼ、H2O2(過酸化水素水、オキシドールですね。100ml 14ルピー 40円弱)、軟膏は病院の薬局にもありました。滅菌効果のあるもの。子供も使っていました。

強い薬のおかげ(?)で、夜には歩いても痛みを感じなくなりましたが、足を登っている赤い筋はまだ消えていません・・・。膝の下まででとまってはいますが・・・。
結構しつこいインドの黴菌。
2年暮らしたといっても、やはりもともとが菌に弱いのかな・・・。

実は木曜夜から一時帰国の予定。
日本の湿気が子供や私の傷にどうなのか・・・?というのがちょっと心配ですが、日本の病院に駆け込めばいいですね。
他の国の黴菌を持ち込んでいいのかどうか、という問題があるか・・・。

スポンサーサイト
entry_header

2007/06/05 (火) 04:22

生ハムメロン・生ハムマンゴー

前回に引き続きまたまた「食べる」話題。

今のデリーはちょうどマンゴーが出回る時期。
インドにはものすごい種類のマンゴーがあるそうですが、やはりKing of Mangoと呼ばれるアルフォンソ・マンゴーは甘さ、濃厚さのバランスが絶妙でとても美味しいものです。

街の果物屋さんでは勿論、マンゴーのリヤカー引き売りもかなり見かけます。

マンゴー以外にメロンも小ぶりではあるけれどこの季節は美味しいものがあります。マンゴーに押され気味で陰が薄いかも。

画像を忘れて残念ですが、マスクメロンのように皮の表面に少し網目模様の浮き出ているもの、そして最初見たときはかぼちゃだとばかり思った明るい茶色とグリーンの縞模様のものも。
直径10センチほどのものが20~30ルピー程だったりする(100円以下)なので、これを買わない手はないですね。

生ハムメロン


ということで生ハムメロンを頂きました。
生ハムは最近 Basant Lok、 Le Marcheの冷蔵ケースでほぼイメージどおりのパルマ産の物を見かけるのですが、流通の全段階でしかるべき冷蔵設備が使用されていたのか確信が持てず、手が出せずにいます。
その他のハム、ソーセージ類もずっと扱っているので、多分問題ないのだと思うのですが、動物性たんぱく質の食材で万一体調崩したらかなりヤバそうじゃないですか!?

という訳で大和屋さんの冷凍「パルマ産ハム」です。
これは残念ながら私のイメージとはちょっと違って、表面に胡椒がふってあり、微妙にスモークしてあるの?という感じなのですが、今はこれを使っています。

一度「生ハムマンゴー」もトライしてみました。
ちょっと甘すぎかもしれませんが、これはこれでO.K.かな。

本当は昔、東京の某イタリアンで食べてから、生ハムとの組み合わせは「イチジク」が一番好きなんですよね。
普段はイチジクって食べないのですが、これは例外的に美味しくて大好き。
インドでも美味しいイチジクが(安く!)手に入れば嬉しいのですが・・・。

entry_header

2007/06/04 (月) 04:18

デリーで夏バテ防止クッキング!?

前回の記事の子供の怪我ですが、お蔭様で快方に向かっています。
ご心配下さいました皆様、どうもありがとうございました。

表面の傷が塞がったので、ドクターからシャワーO.K.が出ました。
これまでは右手にビニール袋を二重に掛けて濡らさないようにしていたのです。体は右腕以外何とか自分で洗えるものの、頭は洗えず、子供の頭を洗うなんていつ以来?と思いながら毎日頭を洗ってやっていました。
今後は痛んだり、傷が開いたりしない限り通院もしなくていいんだそうです。濡らしたら自分で絆創膏(バンドエイドの2枚貼りになりました。)を替え、爪が生えてくるのを待ち続けるのみ・・・。ってきっとそれが長いんですよね。

これまで自分や身近な人が爪を完全に剥がしてしまったことなどなかったので、爪のない指先を初めて目の当たりにしたのですが、やっぱり指には爪があるのが普通なんだわ、とつくづく思います・・・。

足の爪がなければ、大地を踏みしめられないし、歩けない、手の爪がなければ物はつかめない、と聞いた事がありますが、爪がないと手の甲側の指先の皮が手のひら側のように動いてしまうのです・・・

見ているだけで何だかコワくてゾゾ~ッとしてしまうのですが、子供曰く、「こういうのって人のを見てるとコワいけど、自分だと結構平気なんだよね(笑)。」と。
確かにそうだと思う・・・。

あ~でも今回はお料理の話がしたかったのに、怪我の話で前置きが長くなってしまいました・・・。
通院していた間は「傷や爪に良い食べ物って・・・?」と一応考え、やっぱりたんぱく質とカルシウム?(あってます?)と、ステーキ食べさせたり、冷奴にちりめんじゃこの素上げをプラスしたり・・・。

デリーは今が1年中で一番暑い季節。
学校は現地校を含めて夏休み。
それでも、今までで一番辛くない夏かも・・・もしかしてデリーの気候に体が馴染んできている!?
と思ったりしましたが、それでも暑いものは暑い。
最高気温は40℃超なので、屋外で何かしよう、という気は起こりません。
我が家の犬もお散歩はパスして、家の中を走り回っています。

そんな暑いデリーの夏を乗り切るのにもってこいの簡単な一品を発見しました。

料理


「にらと蒸し鶏のあえもの」です。

先月一品持ち寄りランチに持って行ったところ、作り方を教えてと仰ってくださった方が何名かいらしたので、ここで公表しちゃいます。
日本食の調味料があるという前提ですが、その他の材料はデリーで入手可能なので、デリー在住の方におススメしたいです。
(元レシピは某雑誌で見たものです。)
勿論、日本やそのほかの国(にらが手に入る国はあまりないでしょうか?)の方々も作ってみて下さると嬉しいです。

にら


にらはどこのマーケットにでもある訳ではありませんが、INA Market, Vasant Vihar C Block Market バックサイドの野菜の屋台、Vasant Lok の Le Marche などで手に入ります。(他の入手可能場所をご存知の方、情報お願いします。)

材料> にら 1束(Vasant C Blockのにらなら半束)、とり胸肉(骨なし) 2枚くらい、酒少々
    (にらととり肉の割合はお好みで変えてもいいと思います。
     にら好きの方はにらをどっさり、とかね。)

    (調味料)ポン酢(自家製、市販、どちらでも可)大匙 2
         酒 大1(子供がいるので、電子レンジで30秒ほど
         加熱して、アルコールを飛ばして使用してます。香りも飛んじゃう?)
         塩 少々、
         ゆずの皮 適宜(なければレモン汁、レモンの皮でもいいかも。私は日本
製のフリーズドライを使用。)
         ネギ(万能ネギなど)小口切り 大匙 半分

1.とり胸肉は酒少々を降りかけて 酒蒸しにし(電子レンジ可)、細く裂いてさます。

2.にらは3~4センチに切ってさっと茹でてさます。(茹ですぎ注意)

3.調味料の材料を混ぜる。

4.1.2.を混ぜ、3であえる。

 で・き・あ・が・り・!!

簡単でしょう? にらが入っているので、この時期にもってこい、と思いますが、いかがでしょう?
湯がいているのであまりクセもなく、あっさり、さっぱりと沢山頂けます。

インドでとり胸肉を買った場合は水洗いが必要です。
日本にいたときは牛タン(丸ごとね。結構グロい・・・。美味しいんだけど。)など、特殊な肉以外は洗ったことがなかったので、肉を洗うということに抵抗がありましたが、やっぱり洗った方が安心です。水道水ではなく、浄水器を通した水か、ボトル入りの蒸留水で洗うんです。(デリー在住日本人の間では「鉄則」として通っていると思います。)
ペーパータオルで水気を押さえてから料理に使用します。
インドでは、日本のように、ささみと胸肉を肉屋さんが分けない(ささみも胸肉のうちってこと?)ので、洗ったときに自分でささみをはがして、別の料理に使ってもO.K.です。
私は主に「ささみうどん」に使っています。(子供の好物)

決して上手なわけではないけれど、これでも本当は料理は結構好きで、「お料理ブログ」なんてやってみたい私・・・。(身の程知らず・・・)
まだまだ修行が足りないわ・・・。



          

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

05 * 2007/06 * 07

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。