entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2007/02/26 (月) 23:39

Yoga V

アイヤンガ・ヨガ講座の5回目に行って来ました。
結構ハードなんですが、やり始めると止まらない・・・!?

yoga3

いつもリシケシュからこの講座の為に日帰り出張してくれるインストラクターが、この日は総帥(Guru)と一緒に撮った写真を見せてくれました。左がグル、右がインストラクターです。
私たちのインストラクターはグルに直接教えを受けた弟子なんだそうです。
アイヤンガ・ヨガのアイヤンガって、グルの苗字だったんですね。(知りませんでした・・・)

yoga4

グルの書いた本。

yoga5

本の中にグルの写真が載っているのですが、若い頃のものと、ある程度お年を召してから、外国人などに指導している写真とがありました。
上は若い頃のもの。
まるで足に骨がないか、骨がゴムのように柔らかいかのようですよね!?

グルは今90歳くらい、インストラクターは30歳だそうです。
平均寿命は日本よりずっと短いはずのインドでも、長生きの人はいるんですね。やっぱりヨガの成果かな・・・?

スポンサーサイト
entry_header

2007/02/17 (土) 03:48

クラフト・メラへ

毎年この時期に、デリーの南、スラージクンドで行われる、期間限定の民芸品フェア「クラフト・メラ」に行って来ました。
子供は一昨年、昨年と学校からここへ買い物体験に来たのですが、今年は「デリーハート」というデリー市内の土産物センターのような所でした。クラフト・メラ自体が開催されないためなのかな、と思っていましたが、ちゃんとやっていました。(aranyosさんのブログで確認させて頂いて行って来ました。)
昨年行って雰囲気が気に入ってしまったので、最終日に何とか行って来ました。来年は行けるかどうか分からないものね、と思うとどうしても行かなければ・・・と。(多分まだデリーにいてまた行くのでしょうが・・・)

クラフトメラ

チケット・ブース。
一人25ルピー。
実は昨年来た時、余りのshabbyさに、以前使われたものの「残骸」かと思い、素通りしそうになりました・・・。
それにしても、素朴と言うか何と言うか・・・。

クラフトメラ2


クラフトメラ3

お店は一軒一軒、バンガロー風。

クラフトメラ4

カラフルなランプシェードとパラソルは布(コットン)製。

クラフトメラ5

年毎にテーマの州があり、今年はアンドラプラデッシュ。

クラフトメラ6

学校から来ている子供たちも。

クラフトメラ7

こういうのを買った人は一体どうするのでしょう?
インドのお金持ちは半端じゃなく大きな家に住んでいるので、そんな心配は無用なのかな。

クラフトメラ8

最終日だったためか、昨年よりもダンスなどのパフォーマンスが沢山見られたように思いました。
得した気分。

クラフトメラ9

クラフトメラ10

クラフトメラ11

猿(恐らく顔の黒い猿、ハヌマーン・ラングール。ヒンズー教の神様の一人、ハヌマーン=孫悟空のモデルと言われているそうですね。)の扮装の人。

クラフトメラ12

すごい人だかりなので、何が始まるのかと思ったら、足を高い鉄棒にくくり付けての大車輪・・・。
観ているだけでも怖いので早々に引き上げました・・・。

クラフトメラ13


クラフトメラ14

手回しの機械で作る綿飴。
実物はこの画像より鮮やかなピンクです。
舌や口の周りが真ッピンクになりそう。

クラフトメラ15

チャイ屋さん。
飲んだ後は土に帰る素焼きの使い捨てカップ。

クラフトメラ17

切り絵の店。
サリーや、パンジャビ・ドレス、ショール、ベッドカバーなどの布関係、インド服、皮のサンダルやスリッパ、アクセサリー、陶器、金属器などなどいろいろな店が出ています。

クラフトメラ19

食事の出来るコーナーもかなり広く取ってあります。

クラフトメラ20

定食やスナックなど、結構いろいろなメニューが。

インド生活で不便な事と言ったら、こういう時にちょっとお腹を満たすのにリスクが伴うこと。
私の場合はこういう場所では食べないことに決めています。

クラフトメラ18

ちゃんと消防車が待機。

クラフトメラ16

帰りにはゲートの外にラクダが来ていました。

布好きの私、今回もやっぱり布と、紙製品(ハンディキャップの勤労施設で作られたものでした。)、アクセサリーを少し、そして日本に帰ってもインドの思い出として使えるように、ミラーワークのシンプルで素朴なショール(ただし色は黒)をひざ掛けに購入しました。(っていつ帰るのか全く決まっていないのに・・・)

来年もまた行けたら嬉しいけれども、そのとき既に日本にいたとしてもこれで悔いはなさそう・・・。
entry_header

2007/02/14 (水) 03:05

現地校の記念式典

今年度現地校とダンスで交流して来た我が家の子供の学年。
別の現地校で南中ソーランを披露したところ、50周年記念式典で踊って欲しいとリクエストがあったとのことで、行ってきました。

Blue Bells School

このBlue Bells School とは25年も交流があるそうです。
我が家の子供は校名について、なぜ青いベル?と不思議がっていましたが、以前英国に長期滞在していた友人から、ブルーベルという小さい花が野原一面に咲いてそれは綺麗、と聞いた話をすると、「な~んだ~」と笑っていました。
創立50周年を機に校章を新しくするそう。
壁に貼られていました。
これがブルーベルですね。実物を見たことはないのですが・・・。

dance

式典は前庭で行われることになっていたのですが、この季節には珍しく、朝から(いえ多分夜明け前から)雨・・・。
私たち日本人は「あいにくの雨・・・」と口々に言っていましたが、現地の人にとっては「祝福のシャワー」なのだとか。

でも一向に止む気配はなく、そのまま式典開始。
もともと雨の殆ど降らない時期なので、こんな事は想定していなかったようで、石造りのステージにも客席にも屋根はありませんでした。
開会式~インドのダンスと式次第通りに進められましたが、踊っていた現地校の子が滑って相次いで転倒。一人の子はすぐに起き上がれなかったそうで、出番が後の方だった子供の学校の父兄からは不安の声・・・。
雨脚が強くなった事もあってか、途中から会場が急遽講堂に変更になりました。転倒して大怪我でもされては・・・と皆内心気が気ではなかったので、ほっとしました。
が、変更は想定外だったためか、再開までに30分以上もかかってしまいました。

dance2

dance3

dance4

詩の暗誦や、メキシコのダンス、ロシア人学校のダンス、などがあり、
日本人の子供たちの「南中ソーラン」。
現地校の人たちがとても喜んでくれたので、やっぱり来た甲斐がありました。
よく考えてみると、大勢の外国人の前で「ソーラン節」を踊るなんて今後なかなかあることではないと思うので、本当に貴重な経験になったと思います。
ダンス好きのインドの人たちに「南中ソーラン」の感想を聞いてみたい気がしますね。


entry_header

2007/02/10 (土) 03:48

森山良子さん来印

2007年は「日印交流年」ということで、両国間で活発な文化交流が行われるそうです。
大使館からの情報によると、現時点で約100件の事業がインド全土で展開されるのだそうです。
これはとっても良い時期にインドにいる、と言えるでしょうね。

その事業の一環として、森山良子さんが来印されることになり、子供の通う学校の校長先生が是非子供の為にコンサートを、とお願いして下さいました。
そのご尽力で実現したコンサートに行って来ました。(父兄もO.K.とのことで。何とラッキーなのでしょう!?)

森山良子さん来校

生で見る森山さんは予想よりとっても華奢でお若い方でした。
え?本当に直太郎さんのお母様!?と、母達は結構びっくりしていました。

ナチュバリエ

今回は子供向けの特別企画とのことで、お迎えする子供たちの方も、インド・ダンスや合唱で歓迎しました。
インド・ダンスは先日現地校とも交流をした我が家の子供の学年が披露しました。
森山さんは終始ニコニコと見守って下さって、優しいお人柄が伝わってくるようでした。

森山良子さん

デビューして41年だそうで、歌は勿論ですが、合間のお話も本当にプロそのものでした。
前の晩にデリーに着かれて、午前中のコンサートであるにもかかわらず、旅の疲れなど全く感じさせないのはさすが、と思いました。
子供向けを意識された選曲やトークでしたが、私たちも勿論存分に楽しめました。
生で聞いてみたいと思っていた(CDは持っている)、「涙そうそう」や、「さとうきび畑」が実際に聞けて、感動ものでした・・・。

集合写真


最後には子供たちと記念写真。
真ん中の黒い服が森山さんです。

このようなステージに生で触れる機会の少ないインド生活、子供たちにとっても本当に貴重な経験でした。



side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

01 * 2007/02 * 03

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。