entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/08/04 (木) 23:59

空港への道で

デリーの夕日


夕方、日本出張から帰ってくる(今は自宅がデリーなので、私達の感覚としては、「日本からインドへ帰ってくる」なのです、何かフシギですが。)夫を迎えにインディラ・ガンディー国際空港へ。
その車中から見た夕日、丸くて、濃いオレンジ色です。
子供は「よく熟れたトマトみたい。」と。

牛よけの柵


中央分離帯の木につけられた「牛よけの柵」。
デリーでは至るところに見られます。
植えた木の葉を牛が食べつくして枯らしてしまうのを防ぐ役目。
時々、この柵からはみ出た葉をここぞとばかりに食べている牛を見かけます。

under construction


建設中のフライ・オーバー

夕景


日が沈みかけて。

鈴なりの


トラックの荷台に鈴なりの人。

空港施設は撮影禁止のようなので、残念ながら、画像はなし。
率直に言って、かなり殺風景な所です。
売店は花屋さん、ドリンク類、両替所くらいで、必要最低限。
到着便もそれほど多くはないため、出迎えの人はちらほら。
ホテル・リムジンのドライバーたちが、ネームプレートをもって、ゲストをまっている姿が目立ちます。
中でもひときわ目立っているのが、高級ホテル「オベロイ」の白い服に赤いターバン姿の人。
ホテルのドア・マンはシーク教徒か否かということとは関係なく、ユニフォームとしてのこの服装なんだそうです。

帰路につく頃には日もすっかり暮れていました。

スポンサーサイト
entry_header

2005/07/25 (月) 20:14

車窓から vol.III

樹下床屋


車窓からの風景、続編です。
木の下に男たちが集まって一体何を?と思うでしょ?
これはインド名物(?)「樹下理髪店」です。
木陰に鏡が1枚と、散髪用の道具、椅子、そして、場合によっては日除けのブルーシート、店の道具はこれだけのようです。
それにおじさんが一人。
順番待ちのお客さんが数人いる事もあり、どこも商売は繁盛しているようです。

ホテルなどには超が付く(お値段の方も)高級理容室もありますが、街中で日本のような理髪店、ましてや、赤、青、白の有平棒(というんですってね。最近知りました。)にお目にかかることはありません。

車窓から6


リヤカーに乗せられているのは、神様の像や、色鮮やかなオウムの像。

給水車


給水車。
インドでもなぜか大型トラックには派手な絵の描かれているものが多いのです。
民族を越えてトラックの運転手さんに共通する心情のようなものがあるのでしょうか。
インドは「牛」のイラストが人気のようです。

車中から見るフシギなものはまだまだ、一巡していないようです。
これからもどんな物が見られるか、楽しみ!?


entry_header

2005/07/20 (水) 23:18

車窓から vol.II

鶏


毎日の外出の足は前出のとおり、車。
運転はかなり荒っぽく、この国の交通法規って一体・・・!?と思うこともしばしばですが、だんだんと「無秩序の中の秩序」があるようにすら感じられて来ました。

通るのは大部分が舗装道路とは言え、アスファルトの厚さの問題か、舗装技術の問題か、はたまた過酷な気候条件が問題なのか、東京よりはるかに凸凹の多いデリーの道路です。
最初の頃は、隣を走る車の中で涼しげに新聞を読むインド人のおじさんを見て、こんなに揺れる車内で何か読めるなんて!?と驚いていたものでした。
そんなことしたら、酔うか、頭痛がするか、目が悪くなるかの3つに一つだわ・・・と。
けれども、それから2~3ヶ月、私も(涼しい顔で?)車内で本が読めるようになりました。
人間って環境にどんどん慣れていくものなのですね。

今日、そんな車内から目にしたのはオートリキシャーのリア・ウィンドー(前後には一応、ガラス有り)に押し付けられた、白い動物らしきもの。
後ろを走っていて、あんな所に犬が!?(リア・シートの後上方)
遠い越しざまに見てみると、何羽もの鶏と男の人でした。
窓やドアのない車内のシート背もたれの上に、鶏が何羽も押し込められておとなしくしている光景は何だか不思議でした。
(画像の上をクリックすると、大きくなります。見にくい方は是非。)

車窓から


インドでは、トラックの荷台などに、荷物と一緒に人が乗っている事がよくあります。
幌のない荷台に人が鈴なり、ということもしばしば。
人数の法規制ってないんでしょうかね。
乗用車にも目いっぱい、バイクや自転車の3人、4人のりもざらです。

車窓から 2


「デリーの表参道」ことBasant Lock付近の売店。

車窓から 家の前


家の前まで戻ってくると、ちょうどそこにある学校の下校時刻と重なって、スクール・バスや、車でごったがえしていました。

インドではまだまだ国民皆が自家用車を持つ水準の所得ではないようです。
が、急速な近代化によって、今後ますます自家用車が増えると、道路や交通法規の整備など、追いついていくのかしら、とふと心配になります。
entry_header

2005/07/16 (土) 01:34

車窓から

Basant Lock Mkt 2


デリーでの私達の生活の足は車です。
外出時には自家用車で出かけます。
東京のように、地下鉄網や、鉄道網のないデリーでの公共の乗り物と言えば、バスや、オートリキシャーです。
タクシーもありますが、日本のように、街中で拾うシステムではないようです。
いずれの公共の乗り物も、先進国のそれとはかなりの隔たりがあり、企業の駐在員や私達のようなその家族が日常生活に使うには適していないようです。
 
実際、守られた生活を送っている事になるわけですが、安全面、利便性などの点で、インド到着の翌日から待ち受ける日常生活にすんなりと入って行く為には、必要なものでしょう。
そのために、現地の人と同じ視線でなく、あくまで外国人の視線になってしまうのは残念ですがやむを得ない、と言ったら言い訳になるでしょうか。

今日は車の中から、街の風景をカメラに収めてみました。
上の写真は、「デリーの原宿」とか、「表参道」とか言われているBasant Lock Market (バサント ロック マーケット)です。
この写真ではいませんが、ここの前にも牛や野良犬がいるのは日常風景、マーケット内にも当たり前の顔をして、入って来ます。
人々が全く気にも留めていないのは、他の場所と何ら変わりはありません。
が、デリーでは一応お洒落な場所のようです。
映画館やMac、他にもいろいろなお店がありますが、
規模は東京の原宿よりずっとずっと小さなものです。
夕方や、週末などはインドのお洒落な若者でごった返しています。

私達が初めてここに来たのは、去年の11月、下見に来た時でした。「インドの原宿」と言われて抱いたイメージは見事に打ち砕かれ、子供は蠅の大群に動けなくなっていました。

私と子供の会話です。
子供「日本の表参道に住んでいる人がここを見たらどう思うかな?」
私 「怒るか、気絶するかじゃない?」
子供「ママだったらどうする?」
私 「あまりの事に泣くかもね・・・。」

車窓から 4


オートリキシャーに相乗りする、下校途中の子供達。
オートリキシャーとは、バイクを三輪車にして、幌をつけたような乗り物で、ドアも窓もありません。素通しです。
ゴルフ場などのカートの三輪車版というかんじでしょうか?
ハンドルは○ではなくて、バイク式です。
向こう側はバス。
ドアや窓は開けたまま。
インドの国旗カラーに塗り分けられています。

車窓から 5


道の脇にはよくこのようなテント状の家や、店などがみられます。
「デリーの原宿」の斜め前辺りです。

学校近く


子供の学校近く。
貧富の差の激しい、また、はっきりした身分制度の存在していたインドでは、今でも数多くの階層にはっきりと分かれているようです。

「この辺りは「上の下」くらい。そうは見えないでしょうけど・・・」初めて来た時に説明を受けました。

でも、目が慣れてくると、ある程度の暮らしでないと持てない自家用車がぎっしり駐車されている、ウォータークーラーは大部分の家にあり、エアコンのある家もある、広さもかなりありそう、と言う事が見えてきました。
やはり、少し余裕のある暮らし向きの人達の住むアパート(日本式にはマンション)のようです。

外壁の塗り替えに関しては、日本と違って、各戸で、好きな時に好きな色に塗り替えるようで、それがいっそう高級なイメージから遠ざけていたようです。


車窓から 3


雨季のこの時期、晴れていたと思ったら、一転にわかに掻き曇り、土砂降りです。
中央分離帯。その向こうに「牛よけ」の柵に囲まれた木があるのですが。

オートリキシャ


オートリキシャが何台か。

給水車


前を走るのは給水車。
夏の時期からよく見かけます。
トラック、バスなどの大型車には後ろに「Keep distance」「Horn please」などの文字が。
こちらでは、クラクションは存在のアピール。
自分が通るので、車線変更しないで・・・と言う意味のようです。
街中クラクションの嵐です。
日本に帰ると、日本の車は何ておとなしいんだろう!?と驚きます。

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

05 * 2017/06 * 07

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。