entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2008/03/29 (土) 23:55

その後のパン作り

今は東京に一時滞在しているのでパンを焼くことはなく、毎日あっちのパン屋さん、こっちのパン屋さんと出かけて行っては食べています。
デリーではその後 

レーズンパン


レーズンブレッドを作ったり、

薄力粉パン2


Cookpad(インターネットのレシピサイト)を検索して、何と薄力粉で作るパンにも挑戦してみました。
これまで薄力粉や中力粉(インドや韓国の小麦粉はこれが主流)で美味しいパンは無理、と思い込んでいたんですよね。
でも、先日お友達マダムが子供のお稽古の集まりに中力粉(Maida=インドの小麦粉)で作ったと言う美味しいパンをさしいれてくれたのです。もちろん早速レシピを見せてもらいました。
ちょうどその日は祝日でドライバーを休みにしていたのと、冷凍庫に薄力粉があったことから、ネットで検索。 薄力粉で作ってみたというわけです。
テーブルロールの様に成形してケーキ型に並べ、二次発酵、そして焼成。
ちゃーんとできました。
仕上がりはふわふわですが、もちもち感にはちょっと欠ける感じでした。

薄力粉パン3


ル・クルーゼのハート型のココットに2個入れてハート型のパン。
あらかじめ型にマーガリンを塗ったのですが、それでもくっついてしまいました・・・。
改善の余地ありです。

薄力粉パン


こちらは大きなケーキ型で焼いたもの。
中にチョコレートが入っています。
もっと極めたいな、パン作り。

今回、東京で手作りパン、お菓子用品のショップを発見。
って私が東京に住んでいた頃にはなかっただけのことなんだと思うのですが・・・。
旧新宿三越の地下2階にありました。
小麦粉ひとつ取っても種類、パックともにたくさんあり、すぐにでも買出ししたい気持ちを抑えるのが大変でした。 もちろん前回苦労してやっと合羽橋で見つけた 耐糖性イーストもありました。
日本に帰国するのが楽しみになりました。
でも日本に帰ったらそれはそれで忙しく、手作りパン生活から遠ざかったりしちゃうのかな・・・。
ちょっと淋しい・・・。
スポンサーサイト
entry_header

2008/03/28 (金) 01:29

とうとう最後の注射

先月の仔犬に噛まれた事件で、一連の狂犬病暴露後接種を受けることを余儀なくされた私。
コンスタントにプログラムをこなし、いよいよ5回目の接種の日を迎えました。
と言っても、今いるのは東京。
インドを出発する前に、東京でのかかりつけの先生に事情をお話しし、ワクチンの取り寄せをお願いしておきました。 念の為、インドを出発する前にネットで日本における狂犬病の予防及び暴露後接種について調べて見ました。すると、現在国内でワクチンが不足している為、暴露後接種優先、予防目的では接種が難しいとのこと。もちろん今回の私には「優先権」があるはず。(ありがたくない優先権だけど・・・)。一般のクリニックでは取り寄せができないのでは・・・とふと思い、東京到着後に確認の電話を。
やはり、ワクチン不足を理由に取り寄せを断られ、私とは連絡がつかず困っていらっしゃいました。連絡してみて良かった・・・。予防接種の指定病院の一つ、都立駒込病院に連絡するように、とのことでした。 都立駒込病院は渡印前に、規制により日本では受けられない予防接種を幾つか受けたことがありました。電話で問い合わせると、ここでは暴露後接種を受け付けていました。ひとまず安堵・・・。

駒込病院


この病院のワクチン外来はなぜか小児科の中にあります。
海外渡航前の様々なワクチン接種のプログラミングにも対応してもらえます。
今回は「予防」目的の接種でないので保険が利くそうですが、現在保険非加入の為、自費で。
日本で病院にかかる場合、保険証の提示を求められていつも困ってしまいます。
「海外在住で保険非加入」と言っていたのですが、病院の窓口であってもそのような説明(釈明?)は不適当、という意見が周囲にありました。 一体なぜ??
本当の事だし、「海外在住」≠セレブ、ハイソ(死語~?)なのに・・・。

予約があったのですが、たっぷり2時間かかり、注射までの間待合室で眠りそうになってしまいました。
接種の前に検温があり、そうだ、検温ってするんだっけ?と新鮮な驚き。
だって、インドでの注射の時は予防接種、暴露後接種、すべて今まで一度も検温なんてしたことないんです。それに、今回のような暴露後接種の場合、熱があるからといって、「では来週」なんてわけにいかないですよね?どうするんでしょう?

そして接種の前に、先生から噛まれた状況とこれまでの接種について質問。
多分感染の可能性は低いが、今回の接種で抗体価はかなり高い筈。次回噛まれたら2回の接種で十分だろう、とのこと。 いえ、もう2度と噛まれたくないですね・・・。
そして、抗体価を調べておきましょうということに。(血液検査)。

血液検査も接種も、終わってからのケアもしっかりしていて、「押さえて」とか、「もういいですよ」とか、そして小さな絆創膏が両方に貼られるし、はずすタイミングや、入浴などその後の生活についての注意まで日本は本当にきめ細かいです。
インドは絆創膏はおろか、揉むか揉まないか、押さえるかどうかの指示も何もありません。
注射や採血は終了したら全ておしまい。
前に採血してもらった時、ものすごく手際が良く、あっという間に終わり感動していたのですが、その後暫く出血が止まらなくなって腕から血が流れてしまい、採血室に逆戻りしたことがあります。
それはそれでちょっと怖かった・・・。

抗体価の結果は1か月後くらいにメールで送ってもらうことになっています。
どんな結果なんでしょう・・・?

ケーキ


普段子供に「ご褒美」は出さないのですが、例外は注射。
注射嫌いになられても困る、と幼稚園の頃から注射の後はスウィーツのご褒美。
今日は自分にご褒美、という訳ではないけれど、ピエール・エルメのスウィーツ。
とっても美味!

entry_header

2008/03/11 (火) 00:16

最近ハマっていること

カルバドス


暫く前にお土産に頂いたお酒、「カルバドス」。
リンゴを丸ごと一個漬け込んだブランデーです。
夫からは子供と私に「これ、どうやって作ったか知ってる~?」と質問があり、「瓶をリンゴの枝に被せてリンゴを成長させたんでしょ?」と答えたら、ものすごくつまらながっていました・・・。
こういう場合は知っていても、「わからな~い」と答えた方がいいんでしょうかね・・・?

で、ブランデーは飲み終わったのですが、残ったのがリンゴ。
このまま捨ててしまうのは勿体ないので、これを入れてマフィンかパウンドケーキを作ろう、と思い立ちました。
夫にお菓子作りに使うから、と言うと、ビンごと作る、と思ったらしくとても驚いていました。
いえ、そうじゃないんですけど・・・・。
細いナイフかフォークを中に差し込んで細かくして掻きだそう、とイメージしていたのですが、これが結構大変でした。
フォンデュ用の串など、考えられるものを総動員して、何とか取り出しました。
味を見てみると、甘味は抜けて全くのブランデー漬け。
アルコールがかなり強そう・・・。
砂糖漬けにしてからマフィンに使いました。
とってもいい香りに仕上がりましたが、子供にはちょっとお酒がキツイかな。

マフィン


その後作った、バナナマフィン、チョコマフィン、バナナチョコマフィン。
バナナとチョコレート(インド製)は簡単に安く手に入ります。
最も好評だったのは、バナナチョコマフィン。

インドで売られている小麦粉は、薄力粉でも強力粉でもない、中力粉。
そのためか、ケーキを作っても、パンを作っても、日本のものとはちょっと違った仕上がりになります。
(もしかして腕のせいだったりして・・・・)
そこで、冷凍庫に日本製の薄力粉、強力粉を「備蓄」しているのですが、今回チェックしてみたら在庫がかなり・・・。
なので、お菓子、パン作りにちょっと力を入れることにしました。

実はこちらに来る時、日本にオーブンレンジを置いて来てしまい、今家にあるのはインド製のガスレンジと一体型のガス・オーブン。
これが曲者で、庫内が大きいのはいいとして、火が下側のみで、ファンがないため、熱が回らなくて使いにくいこと、使いにくいこと・・・。
パンを焼いても焦げ目がつかないし、厚みのあるものはなんだかふんわり仕上がらない。
そこで、自然にだんだんとお菓子、パン作りから遠ざかってしまっていました。

周りの手作りお菓子、パン派の人に使っているオーブンについて聞いたりしたのですが、なかなかインドのガス・オーブンを使いこなしている方はいなくて・・・。
やっと見つけたお友達マダム曰く、「予熱をガンガンに利かせる」ことがポイントなんだとか。
日本の電子オーブンの様に、予熱も自動でなく、完全手動なのです・・・。
そしてそのコツ通りにやってみると、なんとかできるではありませんか。

タルト


インドのイチゴと言えば、日本のジューシーでフレッシュなイチゴとは程遠かったのですが、グルガオンのイチゴ農園から朝摘みのイチゴが手に入るようになったそうで、我が家もお友達から頂きました。
タルト型がなく、プリン型で代用して、イチゴのタルトを。
イチゴは好物なので。

抹茶ブレッド


このオーブンでは食パンは厚みがあって無理、と思っていましたが、何とうまく焼けました。
インドのパサついた超薄切り食パンに甘んじていたこの3年間は一体何だったんだろう・・・?と思ってしまいました。

抹茶を生地に混ぜ込み、成形の時にあんこを巻き込んだ、和風の抹茶あずきブレッド。
イースト菌は砂糖と相性が悪いので、砂糖がたくさん入るパンの時には、「耐糖性イースト」を使います。
ちなみに日本で入手したものです。日本でもあまり一般には売られていませんが、これさえあれば、甘いパンも簡単にできるので、おうちで甘いパンを作りたい方は是非。

この他に、ココア生地にチョコレートを巻き込んだココアブレッドも作りました。

チーズブレッド


昨日のパンは チーズブレッド。
これは普通の食パンの生地にダイス状にしたプロセスチーズ(インド製)を巻き込んだものです。

チーズブレッド2


半分に切ったところ。

冷凍庫の粉類がある限り作り続けることになりそうですが、日本に帰ったらパッタリと作らなくなるかな。
日本では美味しいパンやお菓子は簡単に手に入りますものね。



entry_header

2008/02/17 (日) 01:34

デリーで再会

前回の駐在先での「駐在員妻仲間」でかつ大学時代の先輩のAさんからデリー出張、との連絡があり、何年ぶりかの懐かしい再会を果たしました。
Aさんは私と違って、日本に戻られてからお仕事を再開し、ずっとバリバリ働いていらっしゃいます。
卒業後は大体ずっと外で働き続ける男子と違い、女子の場合は仕事の持ち方、続け方もそれぞれだわと、つくづくと思いました。
けれど、中・高・大学時代の集まりに行ってみると、フルタイムの仕事を持っている人が結構多いのです。夫の最初の転勤で退職してしまった身としては、あのままもし続けていたら今頃はどんな生活をしていたのかしら・・・などと思ったり。 「たら・れば」の話をしても仕方ないですね・・・。
社会に出た頃は仕事を辞めて家庭に入る、なんて想像できなかったものですが、実は仕事を辞めてしまったことを後悔はしていないんですよ、不思議と。
子供が大きくなった今は確かにもう一度働きたいと思ったりするのも事実ですが。(現実は厳しそうで・・・)

ランチの前に午前のアポイントメントの最後、ちょっとお邪魔したのですが、やっぱりカッコいいわ、働いている姿って。
「もう、フルタイムの仕事なんて気力、体力ともに無理そう・・・。」との弱気発言(でも本当にそう思っているので・・・。昔運動部にいたなんて、自分でも信じられないくらい体力落ちてます・・・。)に、「慣れれば大丈夫よ。」と優しいお言葉。
デキル人は余裕がありますよね。 

ここデリーの駐在妻仲間(って本当は名実ともに先輩)にも大学同窓の方がいて、この方はAさんと学年、学科まで同じなのに、私の中でそれが結びついていなくて、気がついたのは、何とランチの約束の前の晩(夜中)・・・。
なんてボケているんでしょう、私・・・。
慌ててメールで連絡を取り、何とか間に合いました・・・。
在デリーの先輩も忙しい中駆けつけて下さり、3人(プラスAさんのガイドさん)でランチ。

お二人は大学卒業以来の再会だったそうですが、学生時代に戻ったかのように話している様子を前で見ていて、こちらまでなんだかいい気分でした。
次は東京での再会かな。
楽しみです。

最近日本で注目されているインド、目に見えて出張者が増えているようです。
昨年も大学時代の「ゼミ友」が出張でデリーを訪れ、思いがけない再会。って言っても私たちのゼミはマメな同級生のお陰で、私の来印前に一度集まっていましたし、私がこちらに来ている間にもちゃんと集まりが持たれているようです。
(本当はその企画は日本にいる限り、ゼミ同期で唯一定職の無い私がするべきなんでしょうが・・・・)

同級生、知り合いの皆様、インド出張の際には是非是非ご連絡下さいね、
お待ちしております。


VEDA


今回のランチは
コンノート プレイスの VEDAというインド料理。
かなりインパクトのあるデコラティブな内装のレストランで外国人の姿もよく見かけます。
ランチはプレートにおしゃれに盛り付けられたもの。
ベジ、ノンベジを選び、そこからさらに2種類を選ぶようになっています。
とても美味しいですが、日本人にはかなり辛目かな。
辛い物が大丈夫な方はお試しを。


entry_header

2007/09/09 (日) 04:22

久し振りのブログ・・・

長らくのご無沙汰、失礼しました。

6月の一時帰国からインドに戻って来てはいたのですが、ブログからすっかり遠ざかっていました。
日々の暮らしに忙殺されていた?  確かに以前よりちょっと忙しいここ最近ですが、そこまでではないかも・・・。

以前にもまして出歩かなくなって、ネタがつきたというのが一番近いかな・・・。新鮮味の無い毎日、と言うか・・・。
いずれにしても心配してくださった方がいらしたとしら、すみませんでした。
相変わらずインドで元気に暮らしています。

前回の更新から3ヶ月以上も経ってしまったのですが、(インドに戻ってからはそれより1ヶ月ほど短い)ネタがないなどといいつつ、つらつら思い出してみるといろいろなことが起こっていました。

①車の接触事故 3回(全部接触された方。路線バス1回、一般車2回。いずれも怪我はありませんでした。車が傷ついただけ。)

②家の水が完全に止まった(デリーではよくあることですが、我が家はこの3年で初めてでした。原因は管に空気が入ったこと、だったそうです。幸い半日で回復。)

③関節炎で通院。(リウマチ、痛風の検査までしたのですが、いずれもシロ。一時はPCも打てませんでした。)

④子供の怪我(前回の記事)を日本の大学病院で念の為診察してもらったところ、何と骨の先端が欠けていました・・・。(絶句)。

⑤家の廊下の電球が突然外れて落下。 

⑥家の鍵を家に忘れたまま、ロック。鍵職人を呼んでもらって合鍵作製。(メイドは休暇で帰郷中、夫は出張中だった)

⑥安倍総理夫妻来印 & 日本人学校へ総理夫人がご来校!  

⑦初めてのマレーシア旅行。


ざっと思い出したのはこれくらいです・・・。

これからはあまりサボることなく、続けて行きたいと思っています。
どうぞ宜しく。

entry_header

2007/05/01 (火) 02:22

木村佳乃さん来校!

長らくのご無沙汰すみません。

ご心配下さりメールを下さった方々、ありがとうございました。
3月末から4月初めの日本での滞在を終えて元気にデリーに戻っております。

以前にもお話ししたかと思いますが、今年は「日印交流年」。
様々な文化交流が企画されています。

今日は観光広報大使としてインドを訪れている女優の木村佳乃さんが子供の通う学校にいらっしゃいました。
木村さん自身、お父様のお仕事の都合でロンドンで生まれ、中学時代をニューヨークで過ごしたという、帰国子女なのだそうです。

お忙しいスケジュールの合間を縫って30分余りの短い間でしたが、ご自身のお話と子供や父兄の質問に答えるという形の交流の時間を作って下さいました。

木村佳乃さん


ガンジス河岸の町、バラナシから戻られたばかりという木村さん、シャツに(多分)インドのスカートというラフなスタイルでしたが、さすが女優さん、やっぱりお綺麗です。

木村佳乃 さん 2


 お話の後、花束を差し上げる役目だったのは何と我が家の子供でした。
今期、児童・生徒会(小・中が繋がっている為)のお役目を引き受けている関係上。
今朝出掛けに「児童・生徒会やっててホントに良かった~。」と言っておりました・・・。
あの~~その為にやってるんじゃないんじゃなあい?と言っておきました。
日ごろ、子供の出生地「東京都港区」(母子手帳を開けると1ページ目に書いてある)をしきりに羨ましがっている父(ウチの夫)を「ミーハー」呼ばわりしてはうんざりしているのですが・・・。
「たまたま生まれた病院が港区にあっただけで、住んだ事は一度もないし、大体どこで生まれたかなんて関係ないんじゃない?」というのが私と子供の意見。夫は「いや、やっぱりB区(夫の出生地)よりカッコイイよ~。」
もしかして朝の発言はその父譲りなのでは・・・?

木村佳乃さん3


 木村さんからは、海外生活で家族の絆が深まったお話などを伺い、子供達からは英語の勉強についてや、女優さんになった訳など質問が出ていました。
生徒数が増加傾向にあるとは言え、まだまだ小ぢんまりとアット・ホームな学校である為か、特に小学校低学年の子供達の物怖じしない点は微笑ましく、このまま大切にしたい感じです。

日本にいたらなかなか得られないような機会に恵まれ、近頃のデリーの暑さもなんのその、と言いたい気分(?)になりました。
もっといろいろなお話を伺いたかったですが、楽しい時間があっという間、というのはこういう時に共通の感覚です。

明日は津軽三味線の演奏会という、これまたなかなか生で聞けないような催しが同じく学校であります。
明日も楽しみ。

それにしても画像がピンボケ。
今使っているデジカメでは学校の体育館での設定が難しくて。
オートで撮ると暗く、上は「夜景プラス人物」で撮ったのですが、そうするとシャッタースピードが遅くて思いっきり手ブレ・・・。
一眼デジカメが欲しくなって来ました・・・。





entry_header

2007/01/30 (火) 22:24

珍客・・・

26日の共和国記念日ころから急速に暖かくなってきたデリー。
昨日、昼食の後窓から外に目をやると、家の脇の植え込みになにやら茶色い動物が。
最初、オーナーが庭で放し飼いにしているおばあちゃん犬かな、と思ったのですが、木の葉を食べているのもヘンだし、ふたまわりほど大きい・・・。
え!?

おばあちゃん4

こちらが「おばあちゃん犬」。

珍客

葉っぱを食べ終えたのか、家の裏に回っていく姿は・・・
ヤギ!?

確かに我が家の近辺には牛の他、ロバやヤギもうろうろしているのですが、普段はチョキダール(門番)がちゃんと門を管理している「筈」なので、怪しい人あるいは動物は入ってこない「筈」なのです。
すぐにメイドに言うと、門番に言ってあるとの答え。

ヤギ

門番、オーナーの使用人、私のドライバーの3人がかりで捕獲。
人慣れしているのか、意外におとなしい。
けれどこれが一頭いただけで、動物園のような獣臭さが。

ヤギ2

すぐに外に放すのかと思ったら、3人とも面白がって、紐をつけたりして遊んでいました・・・。
その後門を開けると、自分から静かに帰って行きました。
無事に家(?)に帰れたかな。
思い出してみると、その間、一度も鳴いたり暴れたりしなかったな。
お行儀のいい「珍客」でした。
entry_header

2007/01/25 (木) 13:25

Yoga IV

ヨガの本場(?)リシケシュからお友達が呼んでいるヨガ・マスターの講座にまた行って来ました。
1回目の後熱が出たのはやはり風邪のせいだったようなので。
3回目ともなると随分上達したのかな、と思われるかもしれませんが、私に限って言えば、「全然」です。
前回のポーズをやって見て、といわれても、「え~~っと~、どうやるんだっけ~?」などと考え込んじゃうのですから、全くお話になりません。
インストラクターにも、「毎日やらないと・・・」と言われ・・・。
そうなのね、何でも継続が大事・・・。
でも続かないんですが。

ヨガ

最近すっかりこの「出張ヨガ講座」が定着してきた感じで、終了後次回の予定を組んでいました。
「この日は子供の学校が休みなので・・・」と友人が言うと、インストラクター、「皆子供がいるの??」と。
「そう今日のメンバーは皆子供がいるの。」
「全員もう結婚しているからね。」
と、別のマダムが説明しました。
このインストラクター、話によると日本人女性との結婚を望んでいるのだとか。あいにく私たちのグループは夫の転勤についてきた妻ばかり。
彼は30歳、独身だそうです。
いい人が見つかるといいのですが・・・。
entry_header

2007/01/23 (火) 03:51

ダンス交流

週末、インドの現地校で子供の通う学校とのダンス交流がありました。

インドの伝統的なダンス、カタック、バラタナーティヤムのデモンストレーション、日本の子供たちによる「炭坑節」のデモンストレーションとそれによる交流。
そして、「南中ソーラン」の披露というプログラム。
会場は現地校の講堂です。
きれいな所でしたが、暖房が無いのか正直ちょっと寒かったです。

炭坑節

年間製作本数世界一を誇るインド映画の構成でもお分かりのように、インドの人たちは踊り好き。
映画ではストーリーと関係なく、お約束のようにダンス・シーン。
パーティーなどでもダンスは無くてはならないもの、と聞きます。
そのような国民性からでしょうか、日本人のように恥ずかしがったり、尻込みしたりすることなく、炭鉱節を踊っています。
こちらの学校から持参したはっぴを着て全員で踊ります。
後ろ姿だとよくわかりませんが、インドの子供の間に日本の子供が入って輪になっています。
インドの子供たちがはっぴを着て、盆踊りをしている姿はよく考えてみると、なかなか見られるものではないのですが、皆ごく自然に踊っているのが逆にすごいことに思えました。

はっぴ


「南中ソーラン」は北海道稚内で荒れていた中学校で踊られ、それによって荒れは治まったのだそう。
子供たちは今年度これをずっと練習し、他の現地校ともこの「南中ソーラン」で交流しています。
黒いはっぴに各自波をペイント。(はっぴはこちらでオーダーして作ったもの。日本よりはかなり安価でできます。)
私も初めて観ましたが、とても迫力のある踊りで、インドの子供たちがとても喜んでくれたのが印象的でした。
やっぱり根っからの「ダンス好き」の血が騒いじゃったのかな。
こうして喜んでもらえると踊っている方も嬉しいでしょうね。
こういう交流はずっと続いて欲しいです。

entry_header

2007/01/04 (木) 22:18

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
年末年始ずっとデリーの自宅にいたのにブログの更新をサボっておりました。

一昨年に引き続きこの稚拙なブログを訪問してくださった皆様ありがとうございます。
このようにネット上に公開という形を取らない日記であればとっくにくじけていたのでは・・・と思います。
訪問してくださった方々、コメントを下さった方々、そして、「見たよ」とメールをくれた友人達に励まされて続ける事が出来たのだと思います。

当初はデリー在住の方々が見て下さるという事はあまり考えていませんでした。勿論、何らかの検索に引っかかって目に触れる事はあるかな、位のことは思っていましたが・・・。
が、始めて1年半が経ってみると、いろいろな方から「見ました」と言われる機会が増え、ありがたく思うと同時に冷や汗が・・・(本当はシャイな性格・・・!?)。
これまで数々の間違ったことも書いてきたと思いますが、他人を傷つける可能性が余り無いと思われることは訂正せず、そのままにしてあります。
今後はもし何かお気づきの点などあれば、メール・フォームにてこっそり(笑)御指摘頂けますと大変嬉しいです。宜しくお願い致します。

犬


デリーで初めて過ごす、年末年始。
大晦日のバサント・ロック(デリーの原宿)の夕方はにぎわっていました。
が、やはり私にとっては日本の大晦日とは少し違う印象でした。
何がと言われると、はっきり言えずに困るのですが・・・。

画像は最近バサント・ロックでよく見かける 「野良犬の兄弟」(?)。
戌年は終わってしまいましたね・・・。そのうちに近所にいるブタの画像を・・・。

犬2

年始の休みは1日だけ、3が日をお正月気分で過ごす日本とは違います。(日本独自の習慣ですね。きっと。)
商店も会社も学校も既に平常通り。

犬3

2007年が佳い年でありますように。

side menu

プロフィール

patjal

  • Author:patjal
  • インド、ニューデリーで3年半暮らし、2008年6月日本に帰国しました。

最近の記事

最近のコメント

頂きましたコメントは管理人による承認制とさせて頂きました。お時間がかかることがありますが、どうぞご了承くださいませ。

記事に関連のないコメントは、管理人の判断で削除させて頂くことがありますので、予めご了承くださいませ。

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

side menu

CALENDAR

05 * 2017/06 * 07

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

from Feb. 2, '06

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。